車のダッシュボードの熱対策は家にあるもので簡単にできる!

ダッシュボード おでかけ

炎天下のもと車を止めておくと、「あつっ!!」
やけどしそうなぐらいダッシュボードが熱くなっていますよね。
これだけ暑いと当然クーラーも効かない。
クーラーの効きをよくするためにダッシュボードの熱対策はしたいもの。
一番効果的ですぐにできるのはダッシュボードをガードすることです。
そこでどんな方法でガードするのか、併用するとより効果を発揮する
方法もお話ししますね。
是非参考にされて下さい。

スポンサーリンク

簡単‼車のダッシュボードの熱から守るカバーは家にあるもの×100均!

車内

ダッシュボードの熱対策に最も効果的なのは、

ダッシュボードにカバーをかけることです。

樹脂素材でもともと熱のこもりやすいダッシュボード。

カバーをかければ熱を貯めないことができますし、
この方法なら走行中でも大丈夫です。

ダッシュボードにカバーをかけるアイデア!

専用のダッシュボードカバーを購入するのが一番早いですが、

ちょっとお高いし、わざわざカー用品ショップに行かなければ

いけないです。そこですぐにできるアイデアをご紹介しますね。

・大きめのタオル

すぐでもにできる一番簡単な方法はこれ!

ダッシュボードの熱の吸収を抑えることができるのでとても
効果的です。

さらに効果を高めるには↓

・レジャーシート

熱を遮断するのにレジャーシートもかなり効果的。

100均にもありますね。

ただ、レジャーシートは反射しやすいので運転の妨げになります。

(見栄えも悪いですよね…)

レジャーシートと布やカバー(もちろんタオルもOK!)を併用すると

いいですよ。

・100均の台所マット

100均なら超低コスト。

かわいい柄やおしゃれな柄もそろっていますよね。

ただサイズ的に少し小さいので、2~3枚購入した方がいいです。

タオルやマットを見ると分かるように布がおすすめなので、

大きいめのおしゃれな布でも良いですよね。

ただどの場合でも、白すぎると光を反射するので、

運転する前に見え方を確認しておいた方がいいです。

スポンサーリンク

車のダッシュボードの熱対策はマットだけじゃない!

ダッシュボード

ダッシュボードをガードすることが一番のおすすめですが、
ほかにも熱を抑える方法はあります。

併用することでさらに硬化を高めましょう。

サンシェード

ダッシュボードが熱を持ってしまうのは、直射日光が

当たりやすい場所だから。

それなら、それをさえぎるサンシェードが手軽ですよね。

車内の暑さ対策にもなります。

さらに横の窓ガラスにも取り付けるとより効果的です。

窓を開けておく

密閉性の高い車内なので、熱が放出されにくいです。

そのため窓を少しだけあけておくとずいぶん違います。

ある実験では窓を5センチ開けておくだけでも
真夏の車内でも温度を下げることができました。

ただ防犯上、少し気になる方はほかの方法を試してください。

濡れたタオルで拭く

濡れたタオルでダッシュボードや車内を拭くと熱を

一気に下げます。

車内がきれいになって一石二鳥!?

なぜ?ダッシュボードは熱くなるの?

なぜダッシュボードはあんなに熱くなるのでしょうか?

それは車の構造上、直射日光が当たりやすい場所でも

あるからです。

そしてダッシュボードは樹脂素材で熱を貯めやすいです。

さらに気密性の高い車内では熱の放出先がないため

真夏では70~80度まで温度の上がる場所と言われています。

これだけ条件がそろっていると納得ですよね。

また、これだけ熱くなる場所なので、ダッシュボードは

劣化しやすいです。

場合によってはひび割れすることもあります。

ガードするなどしっかり対策をすることはダッシュボードを

守ることにもなりますね。

まとめ

ダッシュボードにカバーをするだけで熱対策になることが分かりましたね。

とても簡単です。

一番のおすすめは、レジャーシートとカバーを併用することです。

専用のダッシュボードカバーを購入した場合でも、その下に

レジャーシートを挟むのをおすすめしますよ。

ぜひほかの方法も併用して熱対策に役立てて下さいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました