殻付き牡蠣 フライパン加熱しても開かない!対処方法は?

食べ物 レシピ

殻付き牡蠣を加熱してみたものの、開かない。

どうやって開ける?そもそも食べても大丈夫なの??

普段自宅で食べる機会の少ない殻付き牡蠣。その困ったことの対処法をご紹介しますね。

スポンサーリンク

殻付き牡蠣が開かない!!対処方法は?

殻付き牡蠣の加熱方法って意外と簡単です。

フライパンやレンジで加熱すれば、殻が跳ねることなく汚さず調理できます。

ですが加熱してみたものの、開かな牡蠣がある!!

殻付き牡蠣が開かない!用意するもの

 ・キッチンバサミ
 ・ナイフ
 ・アイスピッグ、竹串
 ・マイナスドライバー     などなど

<少し隙間がある場合>

隙間からマイナスドライバー(狭い場合はアイスピッグなど)を入れてこじ開ける!!

殻が少し壊れちゃってもいいので、こじ開けてしまいましょう。

<まったく隙間がない場合>

貝の周りの薄いところをキッチンバサミで切ってしまいます。

意外と簡単に切れますよ。

切れてしまえば隙間ができるので、こちらもこじ開けます。

・簡単に開けるコツ・

牡蠣は冷めると開けにくくなります。

なので、熱いうちにこじ開けてしまいましょう。

また、こじ開けて細かな殻が入るのがイヤ・・という場合は、

先に蓋を直火で焼いて、それから加熱すると、蓋が開きやすくなります。

スポンサーリンク

貝柱がうまく外れるようです。

↓↓殻付き牡蠣のフライパンでの加熱方法やアレンジはこちら♪

殻付き牡蠣 フライパンで食べ方 簡単な焼き方に色々なアレンジ!

殻付き牡蠣が開かない!!これって食べても大丈夫?

開かない殻付き牡蠣 食べられる?

加熱しても開かない殻付き牡蠣があると、食べても大丈夫なのか、少し心配になりますよね。

あさりは開かないものは捨ててしまいます。ですが、それはあさりの場合。

殻付き牡蠣は加熱しても開かないことが多いです。

なので、 食べても大丈夫なんです。

開かない殻付き牡蠣 その理由は?

2つの理由が考えられます。

・鮮度が良いから

殻の蓋が開いたり閉じたりするには貝柱の筋肉を使っています。

貝柱の筋力が強いと、閉じる力も強くて加熱しても閉じたままになってしまうことがあるようです。

・火の入り方

先に貝柱が加熱されると口が開きます。逆に先に身が加熱されてしまうと開きません。

これは貝の形状や加熱の際に置いた位置などによって違ってくるのかもしれないですね。

殻付き牡蠣が開かない場合、傷んでいるのは?と考えがちですが、賞味期限を守っていれば大丈夫です。

もし頂き物や、賞味期限が過ぎてしまった場合は匂いなど様子から判断するようにしましょうね。

殻付き牡蠣が開かない! まとめ

殻付き牡蠣が開かない場合、

・強引にこじ開ける! ・開かなくても大丈夫!

ということが分かりましたね。ぜひぜひ殻付き牡蠣を自宅で楽しんで下さいね。

↓↓殻付き牡蠣のフライパンでの加熱方法やアレンジはこちら♪

殻付き牡蠣 フライパンで食べ方 簡単な焼き方に色々なアレンジ!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました