小学生の息子がもらった友チョコのお返しは?トラブルの避け方は?

小学生の息子がはじめて友チョコをもらってきた。
この場合、お返しはどうすればいいの?
友チョコって、義理チョコとはどう違うの?
今まで対応されてきた先輩ママさんに意見やお子さんとトラブルに
ならない対処の仕方について。

スポンサーリンク

小学生の友チョコのお返しについて

最近のバレンタインでは、友達へチョコレートを送る「友チョコ」が

とても人気です。

中高生の間ではクラスや部活の友達など20~30人、友チョコの

ツワモノは50人以上など、大量に用意し渡しています。

そしてそのブームは小学生にまで広がりを見せています。

中学生や高校生のお子さんなら親の手を借りずに、あるいは最小限の

お手伝いで済みますが、小学生ならそうもいきません。

特にお子さんが低学年のうちならほとんどの親御さんがあれこれ

気を使って、お子さんでも作れるレシピを探したりするものです。

男の子の親だから、そういったものは無縁だと気楽に構えていたのに、

ある日、息子が友チョコをもらってきた。

嬉しい反面、対応に悩まされてしまいますね。

昔はなかった「友チョコ制度」。義理チョコとの感覚でもないような?

お返しにどんなものを用意すれば良いのでしょうか?

受け取る相手も負担にならないものとは?

ですが、あまり深く考えることはないですよ。

「本命チョコ」ではないようなら、義理チョコと同じです

義理チョコのお返しと考えて用意すれば良いでしょう。

もらったものの内容にもよりますが、200円程度のキャンディーなど、

ホワイトディーシーズンに売られているもので大丈夫です。

チロルチョコやクッキーなど、5個ぐらいを小さな袋に詰めてリボンをかける。

スポンサーリンク

これだけで十分です。

小学生の友チョコからトラブルにならないために

親としては友チョコでもお返しについてが気になるところですが、

あくまでも受け取ったお子さんの気持ちを優先させて下さいね。

男の子も高学年に差し掛かってくると、女の子とのやり取りに

恥ずかしさを感じるようになります。

あるいはお返しについてもまったく無頓着な場合もあります。

そして、友チョコの中に「本命チョコ」が隠れていた場合。

お返しをすることは両思いということ。お子さんにもそのあたりの

認識はなんとなくあります。

特に好きではない子から受け取った場合、誤解されても困るから

渡したくないとお子さんが拒否をすることもあります。

この場合のお返しについてはお子さんと話し合って、どうするかは

息子さんに任せて良いのではないでしょうか。

何か受け取った時は相手の気持ちを受け取ること、礼儀として

お返しは返すべきということはしっかり伝えておきましょう。

それでも拒むなら無理をさせないこと。

親としてどうしても気になるなら、息子さんの了承を得た上で、

親を介して渡すなどのフォローにとどめましょう。

お子さんの気持ちに合わせた対応を見つけること。

年頃に近づくお子さんとのトラブルを避ける方法です。

まとめ

友チョコでも本命チョコでも、お子さんがもらってきた場合

何か嬉しいようなくすぐったい気持ちの反面、対応に困ってしまいます。

ですがこれも一時のこと。中学生、高校生と成長するごとに

相談どころか、チョコをもらったことすら言わなくなったりします。

男の子のお子さんを持つ親御さんしか持つことのない悩みなので、

見方を変えて、お子さんの成長を楽しんでみては?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。