お守りの返納は一年でしなければいけない?どこでも良い?お金は?

返納は一年でするものと聞いたことがあるけど、
タイミングが合わなくて返納することができない。

お守りを買った場所が遠方で返納できない場合は
どこでもいい?

間違った扱いをするとお守りの効力は失われるの?

お守りの扱い方って意外と知らないものですね。

スポンサーリンク

お守りの返納は一年でしなければいけない理由とは

「一年の計は元旦にあり」という言葉があるように、新年の元旦に
昨年の守護を感謝してお返しします。

そして新たな気持ちで今年一年の守護を祈願し、新しいものを頂きます。

そして同じようにお守りも同様の意味で毎年入れ替える方が
多いですね。

初詣でに限らず、お祓いやご祈祷をお願いする際に頂く神札や
お守りも一年の返納と書かれているものもありますね。

お正月に今年一年の祈願をして買ったお守りという考え方なら、
次の年に古いお守りを返納してお焚き上げをしていただくのは自然な流れです。

このためお守りは一年で返納と何となく理解している方が
多いのではないでしょうか。

また願い事をかけている場合は、願いが叶った時に感謝を込めて
返納します。

この場合は一年ではありませんね。

そして頂き物のお守りの場合、どの時点から有効なのか
悩まされてしまいますね。

お守りというもの自体が本格的に広まったのは戦後です。

それまでもお守りはありましたが、神社に収めなければならないという
風習はありませんでした。

神社に収めるものというような常識のように言われるようになったのは
割と最近のことです。

そのため無理に一年の返納に縛られる必要はありません。

願いが叶うまで、または大事に持っていたいのなら期間に関わらず
持っていても良いですし、一年の祈願なら一年で返納しても良いです。

また神社による方針もありますね。

スポンサーリンク

購入した神社の方針を守りたいのでしたら、問い合わせて確認されるのも
良いでしょう。

お守りの効果も大切に扱う方の気持ち次第です。

お守りの返納する神社はどこでもいい?

買った神社に返納するのが理想的ですが、遠方先で買ったものは
わざわざそこまで出かけるのは大変です。

また頂き物で神社や場所がわからない場合もあります。

お近くにある神社に返納しましょう。

できれば神社のお守りは神社へ、お寺のお守りはお寺に返納するように
して下さいね。

お寺か神社か分からない場合は名前で判断してみて下さい。

~神社、大社、神宮など書かれている場合は神社です。
~寺、寺院と書かれているのならお寺になります。

また返納場所がきちんと設けられているかは確認しましょう。
わかりにくい場合は宮司さんに問い合わせて下さい。

不法投棄になるような、迷惑をかけるような返納に仕方に
ならないようにしましょうね。

初詣の時期は収める場所が設けられているので、返納がしやすいですね。
そのためこのタイミングに返納される方も多いです。

どの場合でも感謝の気持ちとお礼は忘れずに。

お守りの返納するにはお金が必要?

お守りを返納する際はお守りをいただいた時と同額程度の
お金を入れるのが一般的とも言われています。

ご加護を頂いた感謝とお礼という意味です。

ですがここはご自身のお気持ちを大切にして下さい。

郵送で返納する際に問い合わせると、「お気持ちだけで十分です」と
答えられることもあります。

お賽銭箱に感謝の気持ち分の金額を納めて下さい。

まとめ

考え方や言われは色々あるので、どれが正しいとは一概には
言えないことが多いです。

ですが何か良くないことが起きた時、お守りの処分の仕方が
悪かったと浮かんでは、それではマイナスです。

感謝の気持ちを込めてご自身なりの方法できちんと返納することが
望ましいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。