スタバ注文の順番や頼み方はポイント3つ!実はカスタマイズも簡単

コーヒーショップ 施設・お店 まとめ

スポンサードリンク




憧れのスタバに行きたいけど、頼み方でオロオロしちゃう。
注文に手間取って混んでいるときは冷や汗ダラダラ…。

スタバって毎回身構えちゃいますよね。

こなれた頼み方をしたいけど、敷居が高くてそんなにいけない。

実は筆者もその一人。

そう思って調べてみると、ポイントは順番でした。

これさえわかっておけば意外と簡単です。

初心者目線の注文方法を教えますね!

 

スタバの頼み方がわからない人へ 初心者はまずこれ!

コーヒー

スタバって注文が難しくて、こなれた雰囲気に飲まれてしまう。

焦ってしまいがちですが、意識するのは順番だけなんです。

もしカスタマイズをしてみたいなら、なおさら順番が大事です。

■スタバでの注文する順番がこれ

1 サイズ
2 豆乳にするかどうか
3 アイスかホットか
4 ドリンク名
5 カスタマイズ(ショット・シロップ・ソース・ホイップなどなど)

ドリンク名からじゃないところが独特です。

だからこそ、スタバの注文が難しく感じる問題点であり、

いつもカスタムを失敗する原因でもあるんです。

謎ですよね。

なぜ、この順番なのか。

それは店員さんがレジで注文ボタンを押す、順番でもあるからです。

■レジボタンの順番(大まかな順番です)

1 数量(同じ品名のドリンクが何点かあった場合)
2 アイスなのかホットなのか
3 ショット数
4 サイズ
5 ミルクの種類
6 ドリンク名
7 カスタマイズ

ドリンク名やカスタマイズが最後の方なんです。

1~5の内容を先に打たないとドリンク名やカスタマイズが打てません。

それまではオーダーを頭で覚えているということ。

とってもアナログですよね…。

ドリンク名やカスタマイズを先に伝えると間違えやすくなってしまいます。

カスタマイズが多ければ多いほど。

慣れない定員さんほどきっと必死なので、余裕もなくなり、

ちょっとコワイ… なんて印象を持ってしまうのでしょうか。

(いや接客業としてそれは問題か… あくまでも憶測。です)

【おさらい!】スタバでスマートな頼み方 最適な順番

スタバの頼み方はちょっと複雑ということが分かったので、

繰り返しになりますが、この順番でいけばスムーズです。

1 サイズ
2 豆乳にするかどうか
3 アイスかホットか
4 ドリンク名
5 カスタマイズ

スタバに慣れた方や元店員さんから教えてもらいました。

スタバのカスタマイズ 頼み方は意外と簡単!

スタバでのカスタマイズは分かっていれば
意外と簡単です。

「無料」でできることと、「有料」の場合があります。

スタバのカスタマイズ! ~無料編~

「無料カスタマイズ」でできることはこちら

・ミルクの変更
・温度調節
・量の変更
・ソースの増量
・コンディメントバー
(受取付近のカウンター)

もう少し詳しくお話しますね。

ミルクの変更

・低脂肪タイプ
・無脂肪乳

こちらは無料で変更できます。

カロリーやミルクの風味が気になる時におすすめ。

温度調節

熱め:エクストラホット
ぬるめ:ライトホット   ですが、

「熱めに」「ぬるめに」で十分です。

量の変更

・ホイップクリームの増量(1.5倍まで)
・エスプレッソの減量
・フォームミルクの変更

ソースの増量

・チョコレートソース
・キャラメルソース

コンディメントバー(受取付近のカウンター)

受け取った後にあれこれ追加できます。

オーダーの必要もないので、一番気軽な
カスタムです。

・シナモンパウダー
・オレンジバニラシュガー
・コーヒーパウダー
・ココアパウダー

・ダイエットシュガー
・ブラウンシュガー
・はちみつガムシロップ

■スタバでの頼み方をおしゃれに!もうちょっと詳細を知っておこう

コーヒーショップ

頼む順番が分かっても、どんなドリンクがあるのかあまり知らないと

選ぶのにモタモタしちゃいますね。

さらにスタバでは注文する時の名称が独特なものもあります。

慣れてない人が引っ掛かりやすい名称や、簡単なメニューの選び方など

見てみましょう。

サイズと目安

これは最初にいきなり悩まされる人も多いところです。

スタバでは

スポンサードリンク

・ショート (240ml)→ S
・トール  (350ml)→ M
・グランデ (470ml)→ L
・ベンティ (590ml)→ 特大
 となります。

「じゃあ最初から、S・M・Lって言えよ!」って言いたくなりますが

ちょっと置いといて(笑)

別に覚えなくてもいいですが、

「ショートだからS、トールがM」って思っておくと
注文の時に慌てないですよ。

目安の量から大体お好みの量を決めておいても良いですね。

量に迷っているとトールをすすめられますし、メニューでも

トールの表記が目立ちます。

もともとスタバは量が多いとお得になる傾向があります。

ショートという量も日本独特なもののようですし、

海外ではたっぷりゆったり楽しむものなのでしょうか。

ですがトールじゃなくても大丈夫。自分の好きな量で決めましょう!

あんまりモタモタしていると、店員さんがサイズ別の紙コップを

用意してくれて、「こんな感じですよ」って教えてくれます(笑)

スタバを感じられるおすすめのメニューは?

ちょっと奮発してスタバに行くのなら、スタバを楽しめるものを

選びたいですよね。

スタバで人気の高いものや定番のものをスマートに選べるように

簡潔にまとめてみました。

店内に入ったとき、メニューの表記の多さに頭がクラクラ
してしまうのではないでしょうか(笑)

コレがますます焦ります。

ババンと書かれた店内やレジの前のメニューは

大まかなカテゴリー別なっています。

ものすごーく大まかに、

BREWED COFFEE コーヒー
ESPRESSO    エスプレッソ
FRAPPUCCINO   フラペチーノ
TEAVANA     ティー 

こんな感じです。

ほかにもジュースだったり、食べ物だったりもあります。

このカテゴリの中から好きなメニューを探すわけですが、

とにかく多い。

なのでみんながよく頼む人気のものや定番をご紹介しますね。

筆者がスタバデビューする前に人気やランキングおすすめを

チェックしまくりました。

その中で何度も登場する人気のドリンクや「コーヒーと言えば」の

定番ものが浮かび上がってきました。

・スターバックスラテ
・ドリップコーヒー
・カフェミスト
・キャラメルマキアート
・フラペチーノ
・ソイラテ

この辺りを簡潔に分かりやすくまとめています。

・スターバックスラテ

要は「カフェラテ」です。

エスプレッソにミルクを合わせたもので飲みやすく、

もともと人気が高いですよね。

スタバのドリンクの中でも人気が高く、どれを見比べても

必ず上位に入っています。

ミルクの種類を変えるだけでだいぶん雰囲気が変わりますよ。

なので、ソイ(豆乳)に変えれば

こちらも人気の「ソイラテ」となります。

・ドリップコーヒー

定番のコーヒーですよね。スタバの中でもお値段も安め。

とにかくコーヒーを試してみたければコレ。

ちなみにスタバには「アイスコーヒー」の表記はないので、

ドリップコーヒーからアイスを選ぶことになります。

ドリップコーヒーは日替わりで豆が違うので、

楽しみ方の幅が広がります。

ドリップコーヒーは当日であればプラス100円か150円で

購入することができます。

なんてお得なんでしょう。

・カフェミスト

「カフェオレ」みたいなものです。

ドリップコーヒーとふわふわミルクが半々のものなので、

ミルクを感じながらさっぱり頂けます。

こちらもミルクが変更できます。

そしてドリップコーヒーなのでこちらも

プラス100円か150円で購入できます。

・キャラメルマキアート

「キャラメルマキアートといえばスタバ」ってほど

人気です。

スタバで甘い系を試してみたいならコレ!

バニラシロップ入りのふわふわミルクにエスプレッソ。

そして上からキャラメルシロップ!

ですがエスプレッソの苦みでバランスがとても良いです。

・フラペチーノ

スタバの氷シャリシャリの冷たいドリンクといえばコレ。

フラペチーノって?って思いますが、知らなくて当然。

スタバのオリジナル語です。

コーヒー系からフルーツ、ティー(紅茶や抹茶)など、

かなり種類が豊富です。

季節限定ものもあるので注意ですよ!

店内の混雑具合をチェック

店内で飲む場合、店が混雑しているときは

先に席をとったかどうか聞かれることがあります。

混んでいるささっと時は席をとっておきましょう。

その方が混んでいても安心して楽しめますよね。

■スタバの安い飲み物や食べ物はこちらにまとめました

スタバの安い飲み物 コスパの良いカスタムや食べ物はコレ!

まとめ

スタバの頼み方の大まかな順番は、

1 サイズは?
2 豆乳にする?しない?
3 アイス?ホット?
4 ドリンク名
5 カスタマイズする?

ちょっと特殊な順番なのが分かりましたね。
これだけでスムーズに頼むことができます。

ぜひぜひスマートに注文してスタバを雰囲気から楽しんでみて下さいね!

タイトルとURLをコピーしました