カーテンの洗濯でシワにならない干し方は意外と簡単だった!コツは?

カーテン 生活の知恵 裏ワザ

何だか部屋が暗い?カーテンが汚れている気がする!

「自宅で洗いたいけど…手間だし」
「洗濯後シワシワになると伸ばすのが大変だし…」

カーテンを洗うことを躊躇してしまいませんか?

自宅でシワにならないようにカーテンを簡単に干すには、
脱水短時間で吊るし干しがおすすめです。

この記事では、カーテンの洗濯でしわにならない

干し方や簡単に済ませるコツをご紹介しますね。

スポンサーリンク

■カーテンの洗濯でシワにならない簡単な干し方はこれ!

カーテンフック

カーテンを洗濯後、シワにならないように

簡単に干すのは吊るし干しです!

干す場所は、もの干し竿でもカーテンが
つけてあったカーテンレールでも
どちらでも大丈夫です。

◯洗ったらすぐに吊るし干しをしよう

洗濯が終わったら、なるべくすぐに干しましょう!

洗濯機の中に置きっぱなしにしておく時間が
長くなるにつれて、どんどんシワが
ついてしまいます。

物干し竿かカーテンレールに干すことで、
重力でカーテンが下に引っ張られるので
シワが伸びるんです!

カーテンレールにつける場合は、あまりにカーテンが
びしょびしょに濡れたままだと重すぎて
カーテンレールが変形する可能性があるので注意が必要です。

とはいえ、カーテンレールにつけて干して
おけば乾いた後にまた設置する必要もなく時間も労力も
節約できます!

他の家事もあるので、一つ一つをなるべく簡単に
済ませたいですよね!

乾いたら小さなしわが気になる場合

乾いたときに小さなシワが気になったら、
霧吹きなどで濡らしてシワを伸ばしてから
もう一度乾かす方法で簡単にシワをとることができますよ。

スポンサーリンク

◯洗うときのコツ!

洗濯機で洗う時も、シワにならないためのコツがあります!
まず洗う前に、カーテンについている洗濯表示を確認しましょう。
最適な水流の強さが表示されている場合には、表示に従ってください。
この時点で、そもそも洗濯機が使えないカーテンだった場合は
、手洗い、つけ置き洗いなど表示にしたがって
カーテンを洗いましょう。

洗濯機を使う場合は、どの強い水流だとシワが
できやすくなるので、水流は弱めを意識しましょう。
洗剤は生地を傷めないように、中性洗剤を使用します。
柔軟剤も使用してOKです。
洗濯するときは大きめの洗濯ネットを
使用しておくと安心ですよ。
脱水の際は遠心力が強くかかるので、シワができやすくなります。
しかし、全く脱水をしないとカーテンを干すにも床が
びしょ濡れになるし、干しても重量が重すぎてしまいますよね。
なので短時間でいいので脱水をかけます。

シワを作らないためにも、脱水は30秒〜1分と
短時間で済ませましょう。

■カーテンの洗濯でシワにならないたたみ方とは?

カーテン

カーテンの洗濯のとき、カーテンをたたんで
洗濯機に入れますよね?

たたみ方にもシワを防ぐための大きなコツがあります!

まずカーテンを形状に合わせてジャバラに折りたたみます。

次に縦長のカーテンを、洗濯ネットに入る
サイズにたたみます。
標準的な長さのカーテンであれば、上下から折りたたんで
三つ折りぐらいが目安になりますよ。

折ったときに、一番表面になる面を、汚れの気になる
箇所にしておくと洗濯で汚れが落ちやすくなりますよ。

たたんだら、そのまま洗濯ネットに入れて、洗濯をしてください。

■まとめ

自宅で洗濯をしたらカーテンがシワになってしまい
一苦労という経験ありますよね。

アイロンをかける方法もありますが、やはり一手間。

ですがカーテンを形状に合わせてたたんで
洗濯ネットに入れて、洗剤や脱水時間、水流など、
カーテンに負担をかけない工夫をとるだけで

シワにならずに簡単に洗濯ができます!

干すときは、カーテンレールに吊るし干しを
すれば重力を利用してシワを伸ばせます!

カーテンがきれいでピシッとしていると、
部屋も明るくなり、気持ちもスッキリ、引き締まります!!

ぜひシワにならない簡単洗濯方法で、カーテンを
洗濯してみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました