衣替えを簡単にする収納方法が知りたい!効率よくするにはコレ

防虫剤 生活の知恵 裏ワザ

そろそろ衣替えのシーズンですね。

家族の分まで衣替えをしていると
毎回とっても時間がかかりませんか?

そのせいで、なかなか重い腰が上がらず
慌ててチェストを漁るハメになるんですよね~。

衣替えを効率よくするためには

・クローゼットに入りきるよう収納する
・チェストの種類を揃える
・ジャンル別に収納する

これらがポイントなんですよ。

この記事では、効率よく衣替えしたい
あなたのために、簡単にできる収納方法を
ご紹介します。

ぜひ参考になさってくださいね。

衣替えすると防虫剤の臭いが気になる!ニオイを取るには?つかない方法は?

スポンサーリンク

●衣替えを簡単な方法にチェンジするアイデア集!考え方ひとつでこれだけ変わる!●

クローゼット

衣替えに時間がかかる主な原因は

・根本的に量が多すぎる
・チェストから出し入れする手間がある
・あちこちに収納している

これらのことが考えられます。

うちも4人家族なので、1人分の量が多いと
それだけで毎回げんなりしてしまうんですよね。

さらに収納場所が固定されていないと、それだけ
出し入れの手間もかかってしまいます。

クローゼットに入りきるよう収納する

どんどん服や小物が増えていくと
新しく収納を増やそうと考えがちですよね。
まずはその考えを断ちましょう。

根本的に収納している量が多いと、それだけで
作業する時間が増えてしまいますからね。

うちは大きなクローゼットが2つあるんですけど
そこに入りきる量しか保管しないようにしています。

【新しいものを買えばその分古いものを破棄する】
という意識で、定期的に断捨離しているんですよ。

そのおかげで、そもそも衣替えをしなくて済むように
収納できているんです。

なので
「寒くなったら夏服は〇〇に収納して冬服を△△から出す」
というような作業がありません。

よく使うものは出し入れしやすい場所に置きたいですから
1つのクローゼット内で多少の移動はありますけど
基本的には、ほとんど収納場所を変えないので
簡単に移動できるんですよ。

これ、本当にラクなのでおすすめです。

ジャンル別に収納する

クローゼットでハンガーにかける衣類は
例えば大人の服は右側で子供服は左側のスペース…
みたいに、人物ごとに収納していませんか?

チェストの中はそれでいいんですけど
ハンガーにかけるものは

・冬のコート類
・ワンピースなど丈の長いもの
・スーツ類

など、ジャンル別に収納するのがおすすめです。

これは、デッドスペースを減らすため。
丈の長いものと短いものをそれぞれまとめると
意外にスペースが空くんですよ。

それに、例えば出かける時も
家族全員分のコートを簡単に取り出せます。
結果として、とても効率的な収納になるんですよ。

スポンサーリンク

●衣替えを簡単に済ませるアイテム選び チェストを効率よく使おう●

防虫剤

チェストの種類を揃える

とはいえ、いくら収納するものの量を減らしても
家の構造上、まとまった収納スペースがないことも
ありますよね。

チェストの中身を入れ替える作業を省くために
チェストの種類をすべて統一してしまいましょう。

これなら、チェストの引き出しを移動するだけなので
作業する時間が大幅に減りますよ。

チェストもいろんなものがありますけど
できるだけメーカーを揃えてしまうのがおすすめです。

見た目は似ているようでも
メーカーが違うと、同じサイズでも微妙に形が違って
引き出しが合わないことがあるんです。

なるべく底が浅いチェストを使う

厚いニットなどの収納は、底が深い方がいいですけど
そうでなければ、なるべく浅いチェストがおすすめです。

これは単純に、収納できる容量が増えるため。

同じチェストの高さでも、底が浅いと
その分引き出しの数が増えますからね。

軽くて移動できるチェストを使う

収納スペースを使っているうちに
配置が変わってくることがありますよね。

そして同じ収納スペース内でも
上の段と下の段で移動させることも。

そんな時、チェストが重くて動かせないと不便ですよね。

初めから軽いチェストを選んでおくのがおすすめです。
キャスターが取り外しできると、さらに便利ですね。

衣替えすると防虫剤の臭いが気になる!ニオイを取るには?つかない方法は?

●まとめ●

・衣替えしなくて済むように収納する
・使うチェストを揃える
・ジャンル別に仕分ける

このように工夫するだけで
衣替えが簡単になりそうですね。

また、少しでも収納スペースを確保するために
デッドスペースを減らせば
同じスペースでの収納が増やせますね。

面倒な衣替えを減らすために
【衣替え】という概念をなくすのもポイントです。

あなたのできそうなことから試してみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました