カーテンの洗濯を簡単に!フックを外さない方法はコレだった!

カーテン 生活の知恵 裏ワザ

カーテンの洗濯は、カーテンフックをいちいち
取り外して洗わないといけないのが面倒です。
干すときにはまたフックを一つず付けますよね。
実はカーテンフックを外さなくても洗えるんです!

ポイントはカーテンのたたみ方とゴム!
フックを外さないで簡単にカーテンを洗濯する方法を
お話ししますね!

スポンサーリンク

■カーテン洗濯は超簡単!フックをそのままで洗濯する方法と必要なものとは?

カーテンフック

カーテンフックをつけたまま、カーテンを洗濯するには
洗濯機に入れるときの工夫とゴムがあればできてしまいます!

ただし、フックが樹脂製の場合です。

洗濯のしかた

1.カーテンを上から、内側に2回折りたたみます。

これによりフックはカーテンの折り目に隠れ、
洗濯中に散らばったりカーテンや洗濯機を傷つけるのを
防ぐことができるようになります。

2.カーテンを横に丸く巻いて、フックを折りたたんだ上の部分を
ゴムでまとめます

太めのゴムだと切れにくいので安心!

カーテン生地が心配な場合は、洗濯ネットに入れておくといいです。

カーテンの汚れが強く気になる場合は、洗剤につけ置きしてから
洗濯機に入れるとよりきれいになります。

洗濯機で「オシャレ着洗い」「毛布コース」「弱水流モード」があれば、
そちらを使うのをオススメします。

弱水流モードの場合はカーテンがシワになりにくくなります。

脱水時間は短く!

もう一つの洗濯のポイントは脱水時間を短くすることです!

すすぎは2回しっかり行ってくださいね。
脱水すると遠心力が強くかかり、カーテンがシワになってしまいます。

干すときに形をきれいにするためにも脱水は短時間!
1分程度で大丈夫です。

スポンサーリンク

干し方

洗濯が終わったら、ゴムを解いて元々カーテンの
かかっていた場所に戻すだけです。

フックがついたままなので、戻すのにさほど
手間は掛からなくてすみますし、
夏場であればとても短時間で乾いてしまいます!

ちなみに、冬場でも部屋の加湿効果も期待できます。

手軽な洗い方なので、季節問わずこまめに洗うことが
できますね!

干すと、重力でカーテンのシワは伸びますが、干す際に
気になるシワがあれば手で伸ばしてから干すようにしましょう。

カーテンフックを外す理由は?

そもそもカーテンフックを洗濯で外すのは何のためでしょう?

何も処理せずそのまま洗濯機に入れた場合、フックが取れて散らばり、
カーテンや洗濯機内部を傷つける心配がありますよね。

そのため通常は外して洗うのが一般的です。

なので、フックも一緒に選択する場合はカーテンを
守るように折りたたみましょう!

■カーテンフックが金属の場合の洗い方とは?

カーテン

カーテンフックが金属の場合は、カーテンを傷つける可能性が高いので、
フックは外して下さい。

外したフックがベタついている、錆びていることもあります。

ベタつきは油汚れが原因であることが多いので、お湯に酸素系漂白剤を入れ、
15分ほど浸けておきましょう。

油汚れなのでマイペットやマジックリンを吹きかける方法も
手軽に汚れを落とせます。

その後しっかりと水で濯ぎ、雑巾等で水分を拭き取って、
天日干しにして乾かせばサビを防いで洗えます。

カーテンを洗濯機で洗っている間に、金属製のフックも一緒に
洗ってしまいましょう!

■まとめ

カーテンはフックを守ってたたみ、丸めてゴムで止める方法で
簡単にフックをつけたまま洗濯ができます!

カーテンがきれいになると、部屋全体が明るくなりますし、
何より気持ちいいですよね。

最初正直、丸めて束ねたらカーテンの汚れが取れないのでは?と思いましたが、
やってみるとカーテン全体がしっかり洗われてきれいになっていました。

そして、本当に簡単でした!
カーテン洗いたいけど手間が…というあなたは、ぜひ試してみてください。

最後になりますが、カーテン生地や模様などによっては洗濯機が
使えない場合もありますので、カーテンの表示をよく確認してから
洗ってくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました