敬老の日に「おめでとう」は変?これを知っておけばもう迷わない!

敬老 知っておきたいマナー

敬老の日のメッセージで次に出てくる言葉は「おめでとう?」

父の日や母の日の時に「おめでとう」とか言わないけど。

「いつもありがとう」のような?

なんと言っていいのかいつも迷ってしまいます。

ですが実は「おめでとう」で合っているんですよ。

なぜおめでとうでもいいのか、少しだけ「敬老の日」について知ると
もう迷わなくなりますよ。

スポンサーリンク

敬老の日に「おめでとう」「ありがとう」どっちがいい?

メッセージカード

「おめでとう」「ありがとう」どっちを使っても、

使わなくても良いんです。

結局どっち?!ですよね(笑)

そもそも「敬老の日」とは、長年にわたり社会に貢献してくれて、

健康でいてくれたことをお祝いする日です。

なので、「おめでとう」もあっています。

そして感謝を込めて「ありがとう」もあっています。

なんか言葉にしっくりこないな…なら「おめでとう」は

使わなくても良いです。

型にはまっていなくても、気持ちを込めた言葉が一番

喜んでくれるはずですから。

少しだけ「敬老の日」について話しますと、

スポンサーリンク

「敬老の日」とは 何をする日?

敬老の日は、祝日ですよね。

祝日に関する法律によると、

「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」

という趣旨です。

敬老という言葉には、

年長者である老人に対して人生の先輩として敬意を払う意味があります。

なので、感謝を込めてお祝いをすることがよくわかりますよね。

敬老の日メッセージの書き方やポイントは?

敬老の日の意味が分かったところで、それを踏まえて

メッセージを組み立ててみましょう。

下の3つのポイントを入れ込むとまとまりやすくなります。

■3つのポイント

・お祝いの言葉
・感謝の気持ち
・健康、長寿の願い

「お祝いの言葉」はやっぱり「敬老の日おめでとうございます」

ですよね。

仲良しのおじいちゃんやおばあちゃんに対してなんだか

かしこまっているな。もうちょっとラフなメッセージに

したいなって思うなら、先ほどの通りなくても大丈夫です。

「感謝の気持ち」これは伝えたいですよね。

日頃の感謝を伝える機会ってなかなかないです。

「いつも遊んでくれてありがとう」

「いつも見守ってくれてありがとう」など

普段のエピソードを盛り込んで言葉にすると喜ばれますよ。

「健康、長寿の願い」では、

「これからも元気でいてね」「長生きしてね」などが

ありますね。

ただ、「長生きしてね」はちょっと微妙な言葉です。

高齢の方ほど言われ慣れていたりするもの。

「十分長生きしてるわ!」なんて言い返された…なんて

ことをわりと聞きます。

言葉を贈る相手に合わせて使ってみて下さいね。

敬老の日に喜ばれること間違いなし!のメッセージとは?

基本の3つを盛り込むことで十分ですが、

もし楽しい思い出があるならぜひ入れ込んでみて下さい。

「一緒に行った〇〇は楽しかったね」

「いつも〇〇で遊んでくれたよね」

楽しかったことを思い出させてくれるのはうれしいものです。

「こんなこと覚えててくれていたんだ」と感激してくれますよ

すぐに使える!敬老の日にふさわしいメッセージの例文

とは言っても、浮かばない。

毎年のことだから…

大丈夫です!コピペOKのすぐ使えるメッセージ例文を

ご用意しましたよ!

ぜひ参考にしてみて下さい。

■敬老の日メッセージ例文

敬老の日おめでとう!
いつも優しい笑顔で私を迎えてくれてありがとう。
どんな時でも温かい気持ちをもらえて、幸せです。
これからも健康で、ずっと元気でいてね!
敬老の日おめでとう。
遊びに行くといつも美味しいご飯やお菓子を用意してくれて、
いつも楽しみにしています。本当にありがとう。
これからもずっと元気でいてね!
敬老の日おめでとうございます。
今日のこの日を一緒にお祝いすることができて、本当に嬉しく思っております。
どうかこれからもお身体に気を付けて、元気に長生きされるようお祈り申し上げます。
おばあちゃん、敬老の日おめでとう。
子供の頃、泊まりにいった事は今でも素敵な思い出です。
いつもありがとう。
近いうちに遊びに行くから待っててね。
おじいちゃん(おばあちゃん)いつもありがとう!
今日まで元気で入れたのもおじいちゃん(おばあちゃん)が
温かく見守ってくれたお陰だよ。
これからも、ずっと健康で元気でいてね!

 

■毎年悩むプレゼント選び… できれば欲しいものを言ってほしい!

物欲のない祖母へのプレゼントの選び方 実用的なコレで喜ばれる!

敬老の日メッセージで避けたいNGことば

敬老の日のメッセージにふさわしくない言葉も存在します。

特にお祝いの日でもある敬老の日なので、

慶事や弔事で避けられる「忌み言葉」は気にする方がいます。

仲のいい間柄の場合でも、できるだけ使わないようにしましょう。

親しき中にも礼儀あり。です。

避けたい「忌み言葉」

「病気(病)」 「倒れる」
「枯れる」 「果てる」
「衰える」 「曲がる」
「折れる」 「痛む」
「苦しむ」 「散る」
「終わる」 「失う 」
「死(四)」 「苦(九)」

不幸を連想させる言葉ですね。

例えば結婚式など、メッセージを送るシーンによって

使わない方がいい言葉は変わりますが、

健康や長寿を祝う敬老の日には、死や病気・ケガを連想させるような

縁起の悪い言葉はふさわしくありません。

メッセージが完成したら、一度じっくり見直してみて下さいね。

まとめ

敬老の日の意味を改めて知ると、メッセージに「おめでとう」を
使うことも変じゃないことが分かりましたね。

「おめでとう」でも「ありがとう」どちらでもいいのです。

ちょっとだけマナーを意識してメッセージを考えればOKです。

心がこもっていれば、どんな文章でも喜んでくれますよ。

敬老の日は昔から大切にされてきた年長者に対して感謝を伝える日です。

メッセージでより素敵な日にしてください!

 

■「欲しいものはないよ」って言われるたら!

物欲のない祖母へのプレゼントの選び方 実用的なコレで喜ばれる!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました