一年中咲く花で育てやすい種類は?目指せお手軽ガーデニング!

ナデシコ 庭・ガーデニング

庭にガーデニングは素敵だけど季節によって
植え替えるのは結構面倒です。

ほったらかしでもきれいに咲く手軽な花が
あれば良いですよね。

それは多年草の花を組み合わせることです。

多年草と言われていてこの花を上手く
組み合わせることで一年中庭に花が
咲いているようにみえます。

多年草は手入れがあまりできなかったり、
水を多少やり忘れていても、

枯れにくくて丈夫な花が咲くので初心者の方も
手軽にガーデニングが楽しめますよ。

スポンサーリンク

一年中咲く花の種類とは?ポイントは咲く時期が何回かあるもの

チューリップ

一年中咲く花はありません。

そこで多年草を組み合わせます。

多年草とは時期に繰り返し咲く花です。
花が咲く時期が年に2回ある花を紹介しますね。

カーネーション

母の日と言えばこの花というくらいおなじみですね。
日当たりが良く風通しの良い所を選んで育てましょう。
夏になって開花が終われば真ん中くらいで
刈り込んで風通しの良い強い日差しの
当たらないところで育てましょう。
夏の間は肥料入りません。
上手くすれば春と秋にきれいな花がさきます。

ナデシコ

ナデシコは和名でダイアンサスが洋名です。
日当たりの良い所で育てましょう。
夏には午前中の日光に当てて風通しの良い
半日蔭で育てましょう。
長雨に当てると花が痛みやすいので
鉢植えで育てるなら、軒下に移動しましょう。
冬の寒さには強いので暖かい土地なら防寒の
心配はないです。
春の花が咲き終わったら株元から3,4節残して
切ると、秋にまた花を咲かせます。
秋の時も同じで咲き終わって株元から3,4節
残して切ると、春にまた花を咲かしますよ。

ダールベルグデージー

黄色く2㎝くらいの花を咲かせる花です。
この花は一年草で春と秋の2回種まきの
時期があります。
日当たりが良く水はけの良い所を好みます。
多湿が嫌いなので鉢植えで育てるときは
長雨には気をつけましょう。


スポンサーリンク

【一年中楽しめる花を庭に!】おすすめな組み合わせとは

ナデシコ

どれも可愛い花なのでどんな花を
育てようか悩んでしまいますよね。
目標は春夏秋冬、四季折々の花が咲く庭ですよね。

多年草と一年草を上手く組み合わせて
理想のガーデニングをやってみましょう。

初心者でも育てやすい多年草

まずは多年草です。
いつの時期に花が咲くのかを計画的に
植えましょう。
そうする事で花を咲かせる手間のかからない
庭が一年中楽しめます。
その間に好きな一年草を植えることで
より華やかなにわにできますよ。

アジュガ

3月~5月
茶色や緑、グレー、葉の色を楽しむ
カラーリーフでとても人気があります。
春に咲く花はきれいで紫や桃色に白色を咲かせます。
明るい日陰で育ちます。
増えすぎて間引きしないといけないくらい丈夫です。

チェリーソーセージ

4月~11月
草丈が50㎝~100㎝くらいで、1㎝ほどの
小さな花が咲きます。
夏の暑さで開花がにぶくなりますが
春と秋には花が咲きます。
赤色の花が一般的ですが、桃色や赤・白・紫
なんかもあります。
とても育てやすく植えれば毎年はなをさかせます。

クリスマスローズ

12月~4月
クリスマスの時期に花が咲きます。
ヨーロッパではヘレボルス・ニゲルという
種類をクリスマスローズと呼んでいますが、
日本ではヘレボルス属全体をクリスマスローズと
呼んでいます。
2月~3月に開花するものが多いです。
つぼみのある苗を購入すると今シーズンに
花を楽しむことができます。
花もちも1ヵ月と結構長く、切り花に
利用されることもあります。

この3種類を起点に自分好みの一年草を
いくつか植えると四季折々の庭に
一歩近づくことができますよ。

まとめ

花の種類を考えながら植えると一年中庭を
楽しめることができそうですね。
ちょっとだけ気にして組み合わせるだけなので
それほど難しいことではありません。
ぜひ気軽にガーデニングを楽しんでみて下さいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました