【その意味は?】おみくじで大吉は良くない!!縁起の良い順番とは?

おみくじ 知っておきたいマナー

1年の運勢を神社やお寺で占うおみくじ。
初詣の定番ですよね!

「凶が出ると幸先悪い」と落ち込み、
「大吉が出ると今年は全てうまくいく!」と喜びます。

私も毎年祈るように引いています。
でも、本当に大吉って縁起がいいの?と思いませんか?

実は、本来の意味だと大吉はあまり良くないんです!

スポンサーリンク

意外と知らないおみくじ「大吉」の意味と効果!詳しく説明します

○なんで大吉が良くないの?

これは昔の考え方をたどった場合です。

おみくじは元々神からのメッセージを

聞ける僧侶が引くものでした。

一般的なものではなかったのです。

意味合いとしては「神からのアドバイス」。

そして古くからの考え方として「諸行無情」
という言葉があります。

「悪い状態もいい状態もずっとは続かない」ということ。
おみくじに当てはめてみると、

「大吉」は「今が一番いい状態。
今の状態がピークでずっとは続かないから
あとは下がる一方」という意味になります。

「ものごとは常に変化していくので、
ずっと変化しないものはない」
という意味になります。

おみくじの「大吉」にはいいことが
たくさん書いてありますよね。

仕事も恋も健康も、全部うまくいくような
メッセージが並んでいます。
だからこそ、嬉しいのですが。

神社でもお寺でも、一番縁起がいいのは大吉!
というのが一般的です。

文字通りに受け取ると、
「今後ずっとうまくいく!」と嬉しくなります。

ですが昔の考え方をたどると、
大吉は一概にいい意味ではなくなっていますよね。

逆に「凶」は「今は一番悪いどん底状態だけど、
行いを改めればここから運気は上昇していく」
という意味ですね。

実際、昔の大吉には死の危険性に書かれているもの
すらあったとのこと。

とらえ方の問題かもしれませんが、
こうみると大吉って実はあまり良くないのかな、
と思いますよね。


スポンサーリンク

そもそもおみくじの効果って?縁起の順番は?

おみくち

おみくじの縁起の良い順番は、神社とお寺、
また各神社によって多少の違いがあるようです。

一般的には「大吉→吉→中吉→小吉→末吉→凶」の
順に縁起が良いんです。
知っていましたか?

私は小吉や、中吉は吉より上だと最近まで思っていました!
この勘違いをしている人は少なくないと思います。

実際は、イメージとしては、中吉=0.5吉と
いうことでしょうかね。

先にも説明した通り、
本来おみくじは神からのアドバイスです。

大事なのは、

単に吉凶判断を目的として引くのではなく、
その内容を今後の生活指針としていくことです。

内容をしっかり受け止めて、
意識して努力しながら生活することで効果が生まれます。

○効果はいつまで続くの?

おみくじの効果がいつまで続くか気になりますよね。
初詣に引くんだから、一年間が効果じゃないの?
と私は思っていました。

実は、「次のおみくじを引くまで」が答えなんです。

毎年おみくじを引くなら、一年間の効果です。

受験など願い事をしながら引いたおみくじは、
「願いが成就するまで」が効果の続く期間になります。

おみくじで大吉が出たら持ち帰っても良い?
持ち帰る理由ってあるの?

引いたおみくじを持ち帰るか、神社に結んで帰るかは
大吉でも凶でも決まりはありません。

凶の場合は悪い運気を神社に置いて帰るという意味で
結んで帰ることが多いと言われますね。

基本的には持ち帰るようです。

内容を生活の指針とするために、持ち帰って確認しながら
生活する方が良さそうな気もします。

持ち帰った場合は粗末にせず、神棚に飾ると良いです。
日々内容を確認しながら生活するのであれば、
お守りのように持ち歩いても効果があると言われています。

私は財布の中で保管していたことがあります。

願いが叶ったり、新しいおみくじを引いた時には
持ち帰った古いおみくじを神社に結んで帰りましょう。

まとめ

おみくじで大吉が出ると嬉しいですよね!

大吉が出たからもう大丈夫、と油断してしまいがち。

しかし、大吉には
「今がピークだから、これからは下がるしかない」
という悪い意味があります。
引いただけでは良くありません!

驚きましたよね。
私も知ったときは大ショックでした。

「大吉であってもおみくじの内容を受け止めて努力することで
初めて効果が生まれる」という
あまり知られていないけど大事な事実。

しかし、この記事を読んで理解したあなたならもう大丈夫!

おみくじの効果を信じて、素敵な生活を送ってくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました