【経験者に聞く】子供の美容院はいつから?ヘアカットはどうしてる⁉

ヘアカット 子供のこと

子供の美容院はいつ頃連れて行ったらいいのでしょうか?

周りの話だといつから美容院で髪の毛を切っているとか、
家でセルフカットしているとか。

まだうちの子には早い、子供にそんなお金はかけれない!

など色々な情報がある中でどの時期が適切なのかわかりませんよね。

今回はそんなお子さんのヘアカット事情について触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

少し不安…子供が美容院へ初めて行く時の2つのポイントと持ち物は?

美容師

子供を美容院に連れて行くのはいつごろ?

美容院にいく時期自体は、

・お子さんの成長度合いに合わせる
・子供が髪の毛が長くて不快そうにしている

単純な理由でいいですよ。

ヘアカットは早いお子さんで1歳未満、遅いお子さんだと5、6歳と

本当にお子さんや、そのご家庭でバラバラなんです。

筆者の知り合いでは、小学生の間はママが切っていた

お子さんも知っています。

(ママは美容師さんではないですよ)

例えば、人見知りや初めての場所が苦手で大変そう…と
感じるならもう少し大きくなってからでもいいでしょう。

連れていくママも子供が疲れちゃいます。

無理に連れて行って美容院が「苦手な場所」になる可能性もあります。

またセルフカットの方が大変で、すっきりした髪型にして

あげたいなら連れて行くのもいいですね。

そして行くことに決めたなら、最初は事前に

準備しておいた方がいいです。

初めて子供を美容院を連れて行くのって不安ばかりです。

それを解消させるために、親御さんが必ず持っていく道具がこの2つ!

・抱っこ紐!

・子どものお気に入りのおもちゃ!

が有効な持ち物だそうです。

お気に入りのおもちゃは何となくわかる気がしますよね。

泣かれないように、それに好きなおもちゃに気を取らせて
不要な動きをさせないようになどの理由でしょう!

抱っこ紐はどうでしょう?

これは美容室にもよりますが、抱っこ紐をしたまま
お子さんのヘアカットをしてくれる美容院だとかなり有効だそうです。

確かに、私もかなり昔ですが、抱っこ紐をして、
お子さんのカットをしてもらっているお母さんを見たことがあります。

今思い返せばですが。

お子さんの年齢や性格にもよるでしょうが、

初めての場所、知らない人、髪の毛を切る、ハサミが
急に現れたら確かに怖いですよね。

そんな時にお子さんを抱っこ紐で抱いてあげながら切ってもらうと
お子さんも安心ですし、

手でずっと支える親御さんも楽でしょう。

子供を美容院に連れていく不安あれこれ

多くの親御さんの悩みは

・泣いて周りに迷惑がかかる
・じっとしてられるか不安
・おもらしが不安

というのが多いそうです。

あなたの悩みはどうでしょうか?

これを見ると2つのアイテムがあると安心できそうですね。


スポンサーリンク

原因は?子供が美容院を嫌がる‼美容室選びと子供が落ち着くグッズは⁉

ヘアカット

子供が嫌がるのは初めての環境に不安を感じます。

だからこそ子供が日ごろ遊んでいるおもちゃや、
お気に入りの何かを持っていくのもありでしょう。

そして、美容室によっては、お子さん用にテレビを
用意してくれる所もあるそうです。

しかも、DVDプレイヤーなども一緒に
付いているところまであるそうで

さらに、自宅からお子さんの好きなアニメのDVDなどを
持参すればそれを流してくれるサービスもあるそうですよ。

いたせりつくせりですね!

お子さんも落ち着きやすいでしょう、それにより親御さんも安心、
泣かれたり、なだめる親御さんを見ることなく、仕事に集中できる美容師さん。

一石三鳥ですよね。

こういう美容室もあるので、事前に行こうとしている美容室が
どういうところなのか、

お子さんが落ち着けそうな場所なのかを最初に調べるのも

ポイントの一つです!

あと乗り物のカット椅子や、お姫様使用のカット椅子が置いてある美容室もあります。

家からわざわざ何かを持っていかなくても落ち着けるかもしれないので、
ぜひ、自宅の近くにそういう美容室があるのか調べているのもいいと思います。

まとめ

色々な情報が入ってくると思いますが、

あくまでもお子さんの成長のためのヘアカットです。

不快にしてたら、精神的にも衛生的にも、健康的にも良くないでしょう。

不安は色々あるかもしれませんが、子供カットOKの店は大概、
店員さんもお客さんも慣れていることもあります。

しかも子供OKと書いているのであれば、
泣こうが、叫ぼうが、店員さんもお客さんも覚悟しているはず。

あとは、あなたの覚悟次第です。

ぜひ一歩踏み出してみてください。

お子さんも、あなたとも成長出来るはずですよ。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました