スタッドレスタイヤと夏タイヤの大きな違いとは?使い続けているとどうなる?

タイヤ交換 夏のこと

「スタッドレスタイヤと夏タイヤの違いって?

お金もかかるし、変えるのが面倒でそのまま
スタッドレスタイヤ使っていませんか?

スタッドレスタイヤと夏タイヤは目的が違うので
季節によって変える必要があります。

そこでタイヤを変えない時のメリットとデメリットを
簡単にお話ししますね。

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤを夏タイヤとして使用していても大丈夫?初心者でも分かるタイヤの基礎知識

冬タイヤ

タイヤには車の加速や減速、停止をするために
必要な力を路面に伝えるという大切な役割があります。

当然季節によって路面の状況は変わります。

・スタッドレスタイヤは凍った路面や雪には安全性が高くなる
・夏タイヤ(ノーマルタイヤ)は雨の日でも安全性が高くなる

だから、路面の状況に合わせた適切なタイヤを選ばないと、
止まってほしいときに止まらない!ということも。

これはある意味危険ですよね。

なのでスタッドレスタイヤと夏タイヤの2種類の
使い分けはとても大事なんです。

そもそもタイヤって丸ければいいという事でもないんですよ。

夏にスタッドレスタイヤを使い続ける危険性をもっと知りたい方は↓

スタッドレスタイヤで夏も走行は要注意?! 交換が面倒な人にはコレ!

タイヤを変えることのメリット

スタッドレスタイヤから夏タイヤに変えることで、

燃費が良くなる
乗り心地が良くなる
雨の日の安全性が高くなる

といったメリットがありますよ。

それにスタッドレスタイヤと夏タイヤを季節ごとに使い分けるので
タイヤの寿命も長くなります。

溝の深さ

2種類のタイヤの使い分けはわかりましたが、
タイヤは消耗品です。

タイヤは路面を転がることで少しずつすれてタイヤの
溝が浅くなっていきます。

溝が浅くなると滑りやすくなってしまって重大な事故に
つながるので気をつけましょう。

タイヤの溝は1.6㎜以下が交換の目安です。

新しいタイヤが1.6㎜になるには約32,000キロ走行が必要です。

タイヤ交換は距離も目安に出来るので覚えておいてください。

使わない時はきちんと保管

溝や走行距離がタイヤ交換の目安ですが、
タイヤはゴム製品なので年数が経つと劣化してしまいます。

年数が3年~5年で交換と言われているのはその為で、
走行距離も溝もまだあるけど硬くなったり、ヒビが入ったりするので、

年数も3年~5年というのも覚えておきましょう。

ですが、劣化はきちんと保管をすれば遅らせることは可能です。

暗くて涼しい場所に保管することである程度劣化は防げるので、
保管はきちんとしましょうね。

スポンサーリンク

【分からなくなっちゃった!】スタッドレスタイヤと夏タイヤの見分け方とは

タイヤ交換

スタッドレスタイヤと夏タイヤの違いや見分け方を見ていきましょう。

スタッドレスタイヤと夏タイヤの見分け方は溝のつけ方でわかります。
夏タイヤは溝が浅くスッキリした見た目に出来ています。

スタッドレスタイヤは溝が深く多めになっていて、
見た目がゴツゴツしています。

「STUDLESS」という表示がしてあります。

スタッドレスタイヤは主に寒冷地の雪道や凍結した路面を走れるように
作られています。

夏タイヤはノーマルタイヤと呼ばれたりします。

夏の暑い路面を走れるようにスタッドレスタイヤより
硬いゴムで作られています。

夏タイヤは雨で濡れた路面でもしっかり力が
伝えられるように作られています

ですが、ゴムが硬いので雪道や凍結した路面に対しては
上手く力が伝えられないので滑ったりすることがあります。

スタッドレスタイヤは雪道や凍結した路面でも力が
伝わるので滑ったりという事がへります。

でも反対に高い温度の路面に対しては弱いです。

だからスタッドレスタイヤを夏に使用していると
タイヤ自体がかなりの熱を持ってしまいます。

高温に弱いスタッドレスタイヤに亀裂があった場合、
走行中にタイヤが破裂してしまう事があります。

高速運転中にそんなことが起こってしまったら自分や
同乗者の命を危険にさらすだけでなく周りの車や歩行者さえ
巻き込んでしまうような事故になることもあります。

スタッドレスタイヤは雪道ならしっかり走れますが
乾いた路面や、雨の路面に対しては、
止まるまでの距離が伸びたりします。

 

でも、タイヤ交換は面倒でお金がかかる… そんな人は↓

スタッドレスタイヤで夏も走行は要注意?! 交換が面倒な人にはコレ!

まとめ

安全面を考えると、「スタッドレスタイヤのままじゃ危ないかも…」と
思いますよね。

スタッドレスタイヤはあくまで冬用タイヤです。

タイヤ交換をするとコストや時間がかかりますが、何か起こって
しまった後ではどうすることもできません。

季節が変わったなら安全なカーライフをするために
その季節にあったタイヤにきちんと変えましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました