ヒラメの刺身を冷凍!生でもそのまま美味しく食べるにはコレをしておこう!

ヒラメの刺身 食べ物 レシピ

クセもなく、大人も子供もおいしく食べられるヒラメの刺身。
たくさんあって食べきれないこともありますよね。

「生ものは冷凍後、刺身として食べれるの?」
なんて、疑問に思っていませんか?

結論を言えば、旨味が逃げやすく生臭くなりがちなので
解凍後、刺身として食べるのはおすすめできないです。
どうしても、おいしさが半減しまいますからね。

でも、魚から出るドリップに気をつければ
ヒラメの刺身もおいしく冷凍・解凍できるんですよ。

この記事では、冷凍したヒラメを解凍しても
刺身として食べたいあなたのために
有効な冷凍保存と解凍方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

平目の刺身は解凍しても生でもイケる!ポイントは冷凍の仕方にあった!

冷凍保存

平目の刺身を解凍しても刺身としておいしく食べたいなら
冷凍する時にひと手間かける必要があります。

コツは、ドリップを除いてから急速冷凍することです。

1.平目の刺身をキッチンペーパーで優しく押さえる。
2.ラップでぴったりと包む。
3.フリーザーバッグに入れ、空気を抜く。
4.急速冷凍する。

ドリップを残さないように冷凍することを意識すると
ヒラメの刺身をおいしいまま冷凍できますよ。

ドリップを残さないように冷凍するには、

刺身の表面に付いている水分はドリップなので
これは丁寧に取り除きましょう。

あんまり強く押さえてしまうと
必要な水分までなくなってしまうので注意してくださいね。

ぴったり包んで、ドリップが出る隙を残しません。

急速冷凍ですが、金属トレーに乗せて冷凍すればOK。
100円ショップにも売っています。


スポンサーリンク

どうして急速冷凍するの?

鮮度を少しでも保つためです。

刺身は、切ったそばからどんどん傷んでいきます。
時間が経てば経つほど、ドリップもたくさん出てきますから
刺身が生臭くなっていくんです。

それを防ぐために、急いで冷凍するんですよ。

この手間を省いてしまうと、解凍した時に
けっこうパサパサの生臭い刺身になっちゃうんですよね~。
私はこれで、おいしい刺身を台無しにしてしまった経験が…。

ちなみに【ドリップ】とは?

あなたは、パックされた肉や魚からピンク色の水分が
出ているのを見たことがありませんか?
これがドリップです。

栄養や旨味、水分が出てしまっている状態なので
ドリップがたくさん出てしまうと

・パサパサになる
・臭みが残る

なんてことになるんです。
これは避けたいですよね。
なので、ドリップが出ないように保存したいわけなんですよ。

ヒラメの刺身を冷凍保存 どれぐらい日持ちする?解凍のコツは?

ヒラメの刺身

ヒラメの刺身を上手に冷凍処理できたら
1ヶ月ぐらいは冷凍庫で保存できます。

とはいえ、生ものには変わりませんし
永久的に保存できるわけではありませんから
できるだけ早めに食べるようにしましょうね。

解凍する時も、冷凍する時と同じように
ドリップを出さないことがポイントです。

そのために、ムラなく均一に解凍する必要があるんですよ。
刺身の内側と外側の温度差を少なくするのがコツです。

時間に余裕がある場合の解凍方法

1.冷凍庫から冷蔵庫に移す。
2.キッチンペーパーとラップに包んでおく。

だいたい5~6時間かかります。

時間をかけて解凍できるので、ドリップが出にくく
ヒラメの刺身がおいしく食べられるんですよ。

解凍してから刺身の表面に付いている水分は
ドリップなので、優しく取り除きましょう。

けっこう時間がかかるように思いますけど
うちは刺身を食べるのはたいてい夕飯なので
昼食の時に冷蔵庫を開けるついでに移しちゃってます。

時間短縮して解凍したい場合

1.水が入らないよう密閉された袋に刺身を入れる。
2.ボウルに氷水と一緒に刺身の袋を入れる。

この解凍方法だと1時間くらいです。

私は寿司屋で働いたことがあるのですが
ネタの仕込みの時にこの方法が使われていました。

家だと「そろそろ食事作りを始めようかな~」
ぐらいの時間から解凍すれば間に合いそうですね。

室内に放置して自然解凍しちゃダメ?

私もこの方法を考えたことがあるんですけど
ドリップもたくさん出るし、何より衛生的に危険なので
やめておきましょう。

室内だと、外側はすぐ解凍されますが
内側はなかなか解凍されません。

解凍にムラができて、外側からはどんどんドリップが。
そして傷んできます。
雑菌も繁殖しやすいですからね。

まとめ

ヒラメの刺身は、もちろん新鮮なうちに食べるのが
1番安全でおいしいですよね。

どうしても冷凍保存するなら
新鮮なうちに急速冷凍し、焦らず正しく解凍すれば
おいしい刺身として長く楽しめそうです。

冷凍も解凍も
ポイントはドリップを出さないこと。

あなたのやりやすい方法を試してみてくださいね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました