今さら人に聞けない‼意外と知らないお中元の時期とマナーを紹介⁉

お中元 夏のこと

いざ、お中元を贈ろうとしても
時期やマナーなど気になることはたくさんあり
何をどうしたらいいのか困ることがあると思います。

さらに地域によって贈る時期が異なることも。

けれど、そんなことは今さら人に聞けない…

せっかく感謝を伝えるために贈るのだから
相手に失礼のないようにしたいですよね。

これからお中元の時期とマナーをご紹介しますので
ぜひお役立てください。

スポンサーリンク

お中元はいつまでに渡す?地域で変わる時期とマナーを要チェック⁉

お中元

お中元は地域によって贈る時期が微妙に異なります。

贈り始める時期も終わる時期も地域ではかなり差があります。

 

ですが、どの地域にもあてはまり、無難に済ませることができるのが、
7月15日までに贈ることです。

 

そこで、地域ごとにわけて
お中元を贈る時期の目安をご紹介します。

 

<北海道>

7月中旬~8月15日まで。

 

<東北・関東>

7月初旬~7月15日まで。

最近は少し早まり、
6月下旬から7月15日までとなっています。

 

<北陸>

7月初旬~7月15日まで。

しかし、一部の地域では
7月15日~8月15日とされているので
この地域にお住まいの方に贈る場合は注意が必要です。

特に石川県については
県内でもお中元の時期に違いがあります。

シーズンに入るまでに、事前に確認しておきましょう。
どちらの期間に贈るか悩んだ場合は

7月15日あたりに相手方に届くよう
手配すると無難でしょう。

 

<東海・関西・中国・四国>

7月中旬~8月15日まで。

 

<九州>
8月1日~8月15日まで。

 

<沖縄>
旧暦の7月13日~7月15日まで。

これは現在の暦でいうと
8月中旬~9月初旬の頃にあたりますが

その年によって異なるので事前に確認が必要です。

このように、地域による違いは大きく1ヶ月ほど

猶予があるところもあれば

1週間から半月ほどといった
短い期間のところもあります。

相手がお住まいの地域を確認し、
それぞれの期間内に届くようにしましょう。

また、お中元は基本的には手渡しとされますが

近年は配達が主になっています。

そのことからお中元シーズンには配送が集中し

遅れが生じることもあるので

余裕をもって手配したほうがいいでしょう。


スポンサーリンク

【お中元のお返し】時期やのしの書き方の基礎を徹底解説…⁉

贈り物

・お中元のお返しは?

お中元は本来「感謝の気持ちを伝えるもの」であるので
お返しは不要とされます。

このことから、受け取った相手が
お礼やお返しをしなければと思うほど
高価なものを贈るのはNGでしょう。

相手の負担にならない程度のものを選ぶという
配慮や心遣いも大切です。

お返しは不要ですが、
お中元を受け取ったら3日以内に
お礼状を出すのがマナーでもあります。

・のしの書き方について

お中元を贈るときに悩むことの一つが

「熨斗(のし)」ではないでしょうか。

熨斗とはアワビを乾燥させて伸ばしたもので
縁起物として贈り物に添えられていました。

現在ではのしが印刷されているのし紙を使うなど

簡略化されています。

こののし紙を正しく書くことにより
相手に対して失礼なく
感謝の気持ちを伝えることができますよ。

のし紙には表書きと
送り主である自分の名前を書きます。

表書きとは、贈り物の目的を伝えるためのものです。
お中元の場合は「御中元」と

水引の上側、中央に書きます。

書く際には毛筆が基本ですが、
筆ペンなどで書かれる方が多いですね。

しかし、ボールペンや鉛筆などでは
書かないようにしましょう。

水引の下側には送り主の名前を書きます。

個人で送る場合には、
自分の名前をフルネームで書きましょう。

連名で送る場合は3人まで、
4人以上になる場合は代表者の名前と
「他一同」「有志一同」などと書きます。

夫婦連名で送る場合は、夫の名前をフルネームで書き
その左横に妻の名前だけを書きましょう。

最後に

お中元には様々なマナーがありますが、
お世話になっている方に対して
感謝を伝えるものなので
失礼のないようにしたいですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました