スタッドレスタイヤで夏も走行は要注意?! 交換が面倒な人にはコレ!

夏のこと

スタッドレスタイヤって夏に走行しても大丈夫??
冬場のスタッドレスタイヤをいまだに交換しないまま・・

ふと思い出して、急に不安になってきた!あまり車に詳しくないと
不安しかないですよね。

結論から言うと、すぐに何かが起こることはありませんが、
使い続けるのはやっぱり良くないです。

最低限知っておきたいタイヤの基礎知識をお話ししますね。

スポンサーリンク

スタッドレスタイヤを夏場も使用していない?安全走行のためのタイヤの基礎知識

スタッドレスタイヤを夏場に使い続けると、破裂するかもしれないんです!

ここは大事なのでしっかり読んでほしいです。

スタッドレスタイヤは柔らかいゴムで作られて
いるので夏の暑い時期に走行するとタイヤの形状が
変形してしまうので、

「破裂する危険」が高くなります。

またタイヤの形状が変形することで、
路面とタイヤの間の水がうまく出なくなります。

氷の上や水の上を滑るように走ってしまい、
ブレーキがかかりにくくなります。

とても危険な状態ですよね。

こんなタイヤで高速道路を走ったりした場合…
破裂も起こりやすくなりますよね。

もちろんさらに雨なんかが降れば…
ブレーキが効かなくなることが想像つきます。

そもそもスタッドレスタイヤって?

基本的なことから見ていきましょう。

車の冬用タイヤと言っても色々と種類があるそうなのですが、

日本で使われている一般的な冬用タイヤが
スタッドレスタイヤです。

タイヤの溝の形状に大きな違いが見られます。

スタッドレスタイヤは深い溝とたくさんの溝によって
路面の摩擦を多くしています。

グリップ力でグッと雪を掴んで雪道を走るので
滑りにくい仕組みになっています。

また溝が深いことで、凍った路面でも滑りにくく
作られているのです。

またスタッドレスタイヤは夏タイヤよりも
柔らかくなっています。

これも凍った路面や、雪が積もったデコボコ道でも
対応できるようになっています。

まだまだあります!夏場のデメリット

スタッドレスタイヤを夏場に使用し続けることで、

タイヤの寿命がどんどん短くなります。

スポンサーリンク

夏用タイヤは溝の数が少なく路面との摩擦が
少なくなるように作られているので、

滑らかに走ることができます。

スタッドレスタイヤは摩擦を多くし、
強度があり、重みもあります。

結果、燃費も悪くなります。

タイヤ交換が面倒だけれど、危険とデメリットが
いっぱい!ということが分かりましたね。

あまり良いことがないのです。

スタッドレスタイヤを取り換えるのは面倒な人に!夏冬兼用のタイヤ

冬タイヤ

危険とデメリットだらけなんですが、
「それでも面倒だ!」という人へ。

夏冬兼用タイヤがおすすめです。

日本ではもともとあまり普及して

いなかったそうなのですが、

開発が進み、今では一般的になっているのが

夏冬兼用タイヤです。

特徴としては夏タイヤとスタッドレスタイヤの
2つの機能を持っています。

夏場の道路、冬の凍った道路や雪道、
雨が降った路面などに対応しているタイヤです。

これってすごいですよね!

デメリットは?

メリットは理解できたと思うのですが、

じゃ夏冬兼用タイヤでいいじゃない?
なんて思いますよね。

・夏用タイヤに比べて走行が滑らかでなく、
燃費が悪い。

・スタッドレスタイヤに比べて
凍った道路や雪道での性能が劣る。

この2つがデメリットと言えますね。

やっぱり2つの性能があると、それなりの
デメリットにもなりますね。

選び方としては、

北海道や東北などの雪が多い地域でなければ
スタッドレスタイヤの方が便利です。

しかし、雪が1年に数回しか降らないような、

地域では、夏冬兼用タイヤが向いているようです。

また、履いていないタイヤを「保管する場所」が

困る場合には夏冬兼用タイヤにするという方法も
選択肢の一つですね。

まとめ

基本的な知識で見ていきましたが、スタッドレスタイヤを夏場に
使い続けることは、とても危険!ということが分かりましたね。

夏場も安心して走行できるように、自分の生活している地域の
気候やタイヤの特徴をよく知ることで自分の車にあったタイヤを
選んでいきたいものですね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました