浅草寺観光の所要時間はどれぐらい?見どころや時間帯も紹介

おでかけ

浅草に遊びに行く場合、浅草寺での滞在時間はどれくらい必要でしょうか?

浅草寺の開いている参拝できる時間などもチェックしておきたいですよね。

ぜひ浅草寺の観光やおでかけプランの参考にして下さい。

スポンサーリンク

浅草寺での所要時間はどれぐらい必要?

・最短の場合

浅草寺での観光に必要な所要時間ですが、本堂だけをサクっと参拝するだけなら、少し混んでいても 40分程度でした。

これには御朱印をいただいた時間も含んでいます。

・しっかり観光をした場合

浅草のシンボル雷門を通って、参道の仲見世を通るだけでも結構時間がかかります。

■グルメやお買い物を楽しめる仲見世についてはこちらを参考にどうぞ

浅草は何時から遊べる?浅草寺や商店街を楽しむ時間を調査!

さらに浅草寺には見所がたくさんあるので、しっかり見て回るとさらに時間がかかります。

滞在時間は 1時間から2時間は見たほうがいいですね。

浅草寺を参拝できるのは何時から?時間帯は?

浅草寺を参拝する時間も知っておきたいですよね。

実は浅草寺で参拝することは、24時間いつでも可能なんですよ。

その理由は、時間外でもお賽銭箱が設置してあり、お賽銭を入れてのお参りもできます。

有名な浅草寺のおみくじもいつでも引くことができます。

浅草寺のおみくじは引いた番号から自分でおみくじを引くタイプなので、いつでもいいんです。

ただ、本堂は朝6時から午後5時まで開いています。

ちゃんと本堂で参拝したい場合はその時間帯に合わせていくことをお勧めします。


スポンサーリンク

浅草寺の見どころは?

浅草寺の所要時間を知るためにも、せっかく行くなら押さえておきたい。浅草寺の見どころをチェックしておきましょう。

・雷門

巨大な提灯の下の装飾も見ものです。ぜひ下から覗いてみてください。

・仲見世

浅草と言えば、ぐらい商店街の賑わいが有名な仲見世ですね。仲見世は浅草寺の参道です。

・宝蔵門

浅草寺のもう一つの門です。二体の金剛力士像が有名で、裏門には大きなわらじがかけられています。

・手水舎(ちょうずや)

参拝をする前には手や口を清めてから行うのがマナーです。迫力のある手水舎で清めましょう。

・常香炉(じょうこうろ)

本堂の手前にあり、線香の煙がたちこめるています。この煙を身体の悪いところに当てると、良くなるとか、ごりやくがあるとか言われています。

・本堂

観音堂とも呼ばれます。浅草寺の中心部です。

・浅草寺の御朱印は?

影向堂(ようごうどう)で御朱印の授受、御朱印帳の販売をしています。

影向堂は、本堂西側の正面(宝蔵門をくぐって、向かって左側にあります。)

・おみくじ

浅草寺のおみくじは、「凶」が日本一出る事で有名です。
本当によく凶が出ますよ。ものの試しにぜひどうぞ。

浅草寺の所要時間について まとめ

浅草寺の滞在時間についてまとめてみますと、
 
 ・サクっと参拝するだけなら40分程度
 ・しっかり観光と参拝して1〜2時間
 ・浅草寺はいつでも参拝可能

これだけ事前に分かっていると予定も立てやすいですよね。ぜひ浅草寺のお出かけや旅行プランの参考にしてみてくださいね。

■浅草は何時から遊べる?こちらをどうぞ

浅草は何時から遊べる?浅草寺や商店街を楽しむ時間を調査!

■浅草の観光プランはこちらにまとめました

浅草の観光を楽しめる所要時間は?何時から回る?ルートは?

浅草周辺のホテルクチコミはこちらから【楽天たびノート】

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました