敬老の日プレゼントはいつから必要?子どもが小さい時のアイディア

敬老の日のプレゼントはいつから渡すと良いのでしょうか?子どもが小さな頃は、おじいちゃんおばあちゃんと言ってもまだまだ若いから失礼に当たらないか心配になりますね。

何歳ぐらいが妥当なのでしょうか?それでも感謝の気持ちを伝えたい場合のアイディアもご紹介しますね。

スポンサーリンク

敬老の日のプレゼントはいつから渡すもの?

子どもが生まれてから、親からおじいちゃんおばあちゃんになったことで意識し出した敬老の日のプレゼント。

日頃の感謝を込めて、何かした方が良いのかなと思ったものの、まだ敬老の日のプレゼントを渡すような年齢とは違うような・・。

「まだまだ若い!」って思われて、失礼に当たらないか気になりますね。敬老の日とは、何歳以上の方を対象にしているのでしょうか?いつからプレゼントを渡したりすると良いのでしょうか?

そもそも敬老の日とは、

多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う日として制定された国民の祝日です。

そこで日本における老人福祉法では65歳以上を対象としています。国連の世界保健機構(WHO)でも65~74歳を前期高齢者と定義しています。

65歳でも、やっぱりまだ若いようなイメージもありますね。

これではますます悩んでしまいますが、お孫さんにあたるお子さんの年齢から考えてみると判断しやすくなりますよ。

幼稚園や保育園に通い始めると年間を通して行事を大切にしますので、敬老の日が近くなるとおじいちゃんおばあちゃんの似顔絵を書く機会があります。

またその年齢の前後でも自主的に何かお祝いをしたいと意識を持ち始めるお子さんもいます。

この辺りの年齢を敬老の日のお祝いを始める目安とするのはいかがでしょうか?

たとえ若いおじいちゃんおばあちゃんでも、お孫さん手作りのプレゼントはうれしいものですよ。

スポンサーリンク

敬老の日のプレゼントで子どもが小さい場合は

敬老の日のプレゼントでお子さんが小さくても、お子さんの成長記録になるようなものを送りたい場合もありますね。

出来ればお子さんからの手作りをさせたくても、さすがに小さすぎて・・。

そんな時は写真やミニアルバムを贈る方が多いですが、お子さんの手形カードなどもおすすめです。

その時だけの可愛らしい手形で世界にたった一つの贈り物は大変好評です。

■小さなお子さん向けの手作りプレゼントのアイディアはこちらを参考にどうぞ

敬老の日プレゼントの手作り簡単幼児向けアイデアやカードの書き方

敬老の日のプレゼントで感謝を伝えるアイディアとは

敬老の日のお祝いとしては若すぎるけど、おじいちゃんおばあちゃんになった両親や義両親へ、日頃の感謝を込めてやっぱり何かお祝いをしたい・・。

そんな場合のアイデアや気を付けておきたい点をご紹介しますね。

プレゼントを渡す機会は「敬老の日」だけではありませんね。帰省したときのちょっとしたお土産として渡すのも良いですね。

まだまだお若いのなら、敬老の日では無く、母の日や父の日、誕生日などにお祝いをすると喜ばれますよ。

また以前、あまり好みの分からない義母のために母の日のプレゼントで悩んでいたら、店員さんにご自身の目線で若い方でも合うようなもので選んだ方が良いと進められました。

年齢に合うような落ち着いた色目やデザインのものばかり選んでも、「私って、こんなに老けて見える?」と内心気にする女性もいるとアドバイスされました。

あまり奇抜な色合いではなく、少し華やかなものを。ここがポイントです。

まとめ

お子さんがまだ小さく、敬老の日が適切なのか悩んでしまうようなら思い切って控えることがおすすめです。

母の日や父の日、誕生日など感謝を伝えることが出来る機会は敬老の日にとらわれず他にもありますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。