敬老の日プレゼントの手作り簡単幼児向けアイデアやカードの書き方

敬老の日のプレゼントを手作りでも簡単にできるものは?無理なく参加できる幼児向けのアイディアやちょっとしたマナー、メッセージカードについてもご紹介しますね。

ぜひプレゼント作りの参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

敬老の日プレゼント 手作りで簡単なもの

お子さんと一緒に手作りできるもので比較的リーズナブルなものを集めてみました。

お子さんも作るのに楽しく参加出来るものばかりです。

・うちわ

手作りができるうちわキット。片面にはお子さんの手形や書かせてあげて、もう片面にはお子さんの写真や日付などをを印刷してみては?

100円ショップでも購入することができますし、インクジェットプリンターに対応したキットでも500円以下で購入することができます。

材料費を安くそろえることができるので、失敗も怖くないですね。

・マグカップ

専用のクレヨンでマグカップに絵を描いてレンジで加熱すると絵が焼き付く手作りキットです。よく見かける商品なので雑貨屋さんや文房具店で500円前後で手軽に購入できます。

一味違うものならお茶碗やお皿のキットもありますよ。1000円前後です。

普段使えるものが大好きなお孫さんの絵になっていると喜ばれますね。

・似顔絵

お子さんの絵に見慣れているとつい「ただの似顔絵?」と思ってしまいますが、お孫さんからのプレゼントで喜ばれるもので人気なのが似顔絵です。

字が描けるようになってきたお子さんならぜひ「おじいちゃんへ」「おばあちゃんへ」をチャレンジさせてあげて下さい。宛名入りの似顔絵はとても喜ばれますよ。

100円ショップなどで額縁や大き目のフォトフレームにきれいに入れてあげるとそのまま飾ることのできる素敵な贈り物になりますよ。

・コラージュ写真

お子さんの写真とお子さんに絵を描かせたり、スタンプを押させてあげて親子でコラージュ写真の合作も素敵です。

コラージュ写真は切って貼る作品なので失敗のリスクも低く、お子さんの最高の作品を貼ってあげることができますね。

すぐに飾れるA4程度のボード、ミニアルバムなど作れるものの幅も広いです。

・アイシングクッキー

最近手作りお菓子で人気のアイシングクッキー。意外と簡単にデコレーションすることができ、材料もスーパーでも100円ショップでも手軽にそろえることができます。

クッキー生地の表面にアイシングをベタ塗りすると糊代わりになるので、アラザンやスプレーチョコ、ナッツなどを振りかけるだけなら小さなお子さんでもお手伝いできます。

■アイシングクッキーの参考に

アイシングクッキー作り方で初心者のコツは?デザインは?道具は?


スポンサーリンク

敬老の日プレゼントを手作りする幼児向けのポイントとは

小さなお子さんの場合、年齢とともに出来ることにも違いがあります。

子供の年齢や成長別でのポイントをご紹介しますね。

・赤ちゃんなら

手形や足形がおすすめです。

カラフルな絵の具やインクで手形を花や木の枝に見立てたり、足形をハートや動物に見立てると素敵な作品に仕上がりますよ。

・なぐり書きができるなら

親御さんからするとただのなぐり書きですが、立派な模様やアートです。またこの頃ならではの作品なのでとてもいい記念です。

暗号のような絵や、ぐるぐる渦巻きが「おじいちゃん、おばあちゃんの顔」でも、クスッと笑える素敵なデザインです。

渡す前にしておきたいこと

プレゼントはお子さんからの手渡しになる際は、「いつもありがとう」、「おめでとう」、「げんきでいてね」などの言葉を言えるように練習しておきましょう。

遠方の場合でもお電話などでお話しする機会があるのなら、同じようにお子さんからも声をかけさせてあげて下さいね。

敬老の日プレゼントを手作りしてカードを添えて

手作りのプレゼントとともにぜひメッセージカードも添えたいところですね。そんなカードに添える文面もご紹介しますね。

「いつもありがとう」
「おめでとう」
「いつまでも元気でいてね」
「また一緒にあそんでね」

など、お子さんの言葉が感じられそうなシンプルなメッセージがおすすめです。

小さなお子さんなら、

「おじいちゃんへ。おばあちゃんへ。」
「だいすきです。」
「ありがとう」

など、書かせてあげるのも喜ばれますね。

まとめ

いかがでしたか?皆さんの手作りアイデアをご紹介しました。

ぜひ親子で楽しくプレゼント作りをして敬老の日を素敵な一日にしてみて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。