夏バテ対策のクエン酸を多く含む食材は?簡単料理や摂り入れ方

夏バテの対策にはクエン酸が良いですね。

クエン酸を多く含む食材や暑い季節でも簡単に作れる料理方法や、更にもっと手軽に摂りいれる方法もご紹介しますね。

すぐにクエン酸をチャージして夏バテに負けないカラダ作りをしませんか?

スポンサーリンク

夏バテ対策にクエン酸が良い理由とは

昔から疲れた体にはレモンやお酢と言われますが、酸っぱいものにはクエン酸が含まれています。そんなクエン酸が夏バテに良い点をあげてみますね。

・疲労回復

夏の身体は暑さや湿度から体力を消耗します。クエン酸には疲労物質の乳酸を分解し消去を速めると言われているので、蓄積された疲れ(乳酸)に効果的ということですね。

・キレート作用

夏は汗をかくことで水溶性のビタミンやミネラルが流出するので不足しがちです。夏バテ予防としてミネラルを補給することも大切になります。

ですがカルシウムなどのミネラルは水に溶けにくいので吸収率が低く、特に日本人は不足しがちな栄養素とも言われています。そこでクエン酸と一緒に摂り入れることで水溶性に変化し吸収率が上がります。これはクエン酸のキレート作用と呼ばれるものです。人気飲料の「キレートレモン」は気になるところですね。

・食欲アップとプラスα

クエン酸はレモンやお酢、梅など酸っぱいものに多く含まれているので、普段の食事に取り入れることで暑さから食欲のない時でもさっぱりと頂けます。食欲増進の効果も有名ですね。

実はその他にもニオイを抑える効果も期待できます。夏バテ対策の食材として、豚肉やにんにくなども代表的なものですが、汗の臭いが強くなるので体臭をきつくする食材でもあります。

クエン酸には体内のにおい成分の分解を速めるので、汗のニオイも抑えると言われています。クエン酸も摂取することで安心してスタミナ料理を食べることができますね!

■クエン酸と同様に夏バテ対策に有効なビタミンb1

夏バテ対策にビタミンb1を含む食材は?レシピやおすすめの食べ方

クエン酸を多く含む食材とは

クエン酸を多く含むと言われている食材は、

酢、梅干、レモン、グレープフルーツ、いちご、キウイ などがあります。

酸味とさっぱりとした味を楽しめるものばかりですね。

またハーブティーの中では、

ローズヒップやハイビスカス があります。

両方ともクエン酸が含まれていることが知られています。どちらも鮮やかな色で美しく、ビタミンなど他の栄養素も含み、美容にも効果を期待できることから女性にも人気の高いハーブティーです。

夏バテに効くクエン酸を含んだ料理や手軽な摂り入れ方

クエン酸には加熱に強いという性質があるのでジャムや焼き菓子など料理の幅が広く、食べやすく出来ます。ジャムならパンやヨーグルトにのせても良いですね。

夏バテには欠かせないビタミンb1が豊富な豚肉と組み合わせるとより効果的です。豚肉を梅干と煮込むと、旨味が増すので食欲をそそる味わいになります。また梅肉の豚肉巻き、とんかつのポン酢やレモンかけなど、どれもさっぱりと頂けます。

スポンサーリンク

■クエン酸と同様に夏バテ対策に有効なビタミンb1

夏バテ対策にビタミンb1を含む食材は?レシピやおすすめの食べ方

・手軽な摂り入れ方

もっとも手軽な摂り入れ方は、クエン酸飲料を飲むことです。先ほどのキレートレモンは美容にも人気ですが、熱中症対策としても活用できます。

他にも顆粒タイプのクエン酸も手軽に摂取できますね。お好みの飲み物にささっと溶かして飲むことが出来るので、外出先でも重宝します。

まとめ

「夏バテ」イコール「クエン酸」とも言われますが、その理由が分かったところで摂り入れたくなりましたね。

暑くて何もしたくなくても、簡単な料理方法や手軽に摂取できる方法をご紹介しました。

すぐにクエン酸をチャージして夏に負けないカラダ作りをしませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。