敬老の日プレゼント1000円前後で喜ばれるものやアイディアとは

敬老の日のプレゼント。感謝を込めて贈りたい。

予算は1000円ぐらいでも、喜ばれるものを探してみました。

さらにちょっとのアイディアを加えることでもっと素敵なプレゼントに変身しますよ。

そんなコツもご紹介しますね。

スポンサーリンク

敬老の日プレゼント 1000円前後で購入できるもの

1000円以下でよく選ばれているものや好評なものをご紹介しますね。

<暖かいもの>

・靴下
・毛糸の帽子
・マフラー
・腹巻
・ひざ掛け
・インナー

これから寒くなっていくので、その前にあったかグッズ。特に靴下なら1000円前後でも「ちょっと良いもの」や「あったか素材」が見つけやすいです。

「普段買わないちょっと良いもの」は喜ばれますよ。

ひざ掛けならお好みのフリース生地で手作りすることもできます。フリース生地は糸のほつれがないので布端の処理が簡単です。材料費も1000円もあれば十分です。

<雑貨類>

・日傘
・小さなバッグ
・巾着(A5サイズぐらい)
・孫の写真入りの写真立て

プレゼント選びに悩む場合はあっても困らないものを考えると良いですね。

スポンサーリンク

小さなバックや巾着袋は薬や診察券などを入れておくのに便利なので好評です。ご年配の方なら特にわざわざ買い換えることが少なくなります。1000円でもちょっと良い巾着袋なら探しやすいですね。

一緒に撮った写真を写真立てに入れて贈ると、すぐに飾ることができるのでこちらも喜ばれています。

<食べ物、お茶>

もし好みがわかるのなら、甘いものやお煎餅、ちょっと良いお茶もおすすめです。もしわからなくても、これを機会に「どんなものが好き?」と連絡してみるものいかがでしょうか?

事前に聞いておけば選び方に失敗しませんし、受け取る方がプレゼントをもらえる日までの楽しみにもなります。ちょっとしたコミュニケーションほど嬉しいものはありませんよ。

果物がお好きならば、季節的に梨や柿、巨峰なども美味しいですね。

■経費削減!自分でラッピングもするのなら

ラッピングリボンで花の簡単な作り方 100均アイテムを使って

敬老の日のプレゼントとして喜ばれるポイント

プレゼントを贈るならやっぱり喜んでもらえるものを選びたいですね。ですが、どんなものが好きなのかわからない・・。プレゼント選びのコツをご紹介しますね。

・相手の立場になって選んでみる

贈る相手の普段の行動や生活スタイルを思い描いてみて下さい。あまり出かけないでのんびり過ごすことが好きな方なら家で使う便利グッズが浮かんできたりしませんか?

交流がなくて分からない場合でも、同じ世代の方の行動や生活スタイルをイメージしてみて下さい。相手の立場から考えてみると、贈りたいプレゼントが浮かんでくるかも?相手を想ってあれこれ考えてプレゼントを選ぶということ。それだけでも十分喜ばれることです。

・心のこもったもの

これから寒くなるから暖かいものを。お茶が好きだから素敵な湯飲みを。など、贈る相手を気遣った商品なら気持ちが伝わりやすいですね。「こうやって使って欲しいからこれを選びました」、「これが好きだから選びました」などちょっとした説明を加えながら分かりやすく渡すのも心遣いです。

・マナーを最終チェック!

実用性もあり、お値段的にも手ごろなハンカチはプレゼントには最適ですね。ですがハンカチには別れの意味があるとも言われています。

若い世代の方の友達同士のプレゼントならあまり気にしないでしょうし、そんな意味すら知らない方もいますが、ご年配の方の中にはマナーや意味を重んじる方も多いです。

お花にも花言葉がありますね。選んだものが失礼に当たらないかどうかの確認をしておくことは、ちょっとした配慮です。

敬老の日のプレゼントをより素敵にするアイディア集

・一緒の時間を過ごす

会いに行ける距離なら直接プレゼントを渡しに行ってお話ししてきて下さい。もっと身近な関係ならお茶でも飲みながら話し相手になってあげてはいかがでしょうか?。

思わず「あんまり話が合わないし・・。」なんて尻込みしている人はいませんか?感謝の気持ちをりたい敬老の日こそ一緒に過ごす時間もプレゼントしてあげて下さい。あなたの贈り物がもっと素敵なものに変わります。

・メッセージカードを添える

遠方で贈る場合ならメッセージカードやお手紙を添えると喜ばれます。簡単な言葉でも良いので、できれば手書きのものをおすすめします。

書くことが浮かばないなら、感謝の気持ちと贈るプレゼントの簡単な説明、近況報告を添えてみて下さい。

まとめ

いかがでしたか?

たとえ1000円前後でも、相手のことを考えた気持ちのこもったものなら喜んでもらえますよ。

ちょっとしたコツをつかんでぜひお祝いしてあげて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。