下駄の鼻緒の痛いを予防するには?調整する方法や歩き方について

浴衣を着て夏祭りに行きたいけどいつも下駄の鼻緒が痛い。皮がめくれるほど痛くて最後は早く帰りたくなる。

痛くならないために事前にできることがありますよ。安物の下駄でも調整できる方法や歩き方のコツもご紹介しますね。

スポンサーリンク

下駄の鼻緒が痛いから歩けない!を予防する方法

下駄の鼻緒で足の指が痛くならないようにするためには事前の準備がとても大切です。

毎回痛くなってしまう方、また慣れない下駄で痛くなりそうという不安を抱えている方はぜひ以下の3つを試してみて下さいね。

・とにかく履き慣れる!

鼻緒が指に当たって痛くなったり、皮がめくれるのも新しい靴や素材の固い靴を履いた時と同じ靴擦れを起しているからです。

購入したばかりの下駄や、浴衣を着る時しか履いていない下駄の鼻緒は固いまま。何度も履くことでご自身の足になじむ固さになります。

いきなり下駄で遠出する前に、家の周りを歩いてみたり、ちょっとした用足しなど何度か履き慣らして下さい。そこで鼻緒に違和感があるかどうかのチェックもできます。

それでも鼻緒が気になる方は次の鼻緒の加工を試してみて下さい。

・鼻緒に加工しておく

鼻緒は太くて柔かいものが痛くなりにくいです。ご自身の足に合わせたオーダーのものや少しお値段のする下駄は鼻緒もしっかり作られていて痛くなりにくいと言われています。

ですが安物の下駄でも鼻緒に加工しておけば大丈夫ですよ。

指に当たる部分(前ツボと呼ばれます)が痛くなる場合は生地が硬い場合がほとんどなので、やわらかい綿やスポンジを小さく切って糸で巻きつけておいたり、ボンドで貼り付けます。指に当たる衝撃を和らげることができますよ。

もっと手軽に行うなら、絆創膏を巻きつけておくのも良いですね。

足の指に引っ掛けるトングサンダル用の「トングプレミアム」も指の間を優しくガードすることができます。こちらは取り付けられるサイズがあるので必ず確認して下さいね。


スポンサーリンク

・最初から絆創膏を貼る

指の間や、鼻緒の当たる足の甲の部分など、当たって気になる部分に最初から絆創膏を貼っておくのも効果的です。

絆創膏でもいいのですが、

・マメ・靴ずれブロック、・キズパワーパッド がおすすめです。

どちらも一般的な絆創膏よりは少しお高めですが、クッション性も良く色も肌に馴染む色なので目立ちません。

水にも強く剥がれにくいのもオススメしたいポイントです。

下駄の鼻緒を自分で調整する方法とは?

靴擦れのように鼻緒ずれが起こるのは鼻緒の生地が固いのも原因の一つです。

下駄は元々見栄えも良くするため芯をしっかりさせてあるものです。履く前にはやわらかくしておく必要があります。

手の指を使って鼻緒を広げたり、鼻緒を潰したりもんだりして鼻緒の生地全体を柔かくさせます。

これを行うだけでもずいぶん履き心地が違いますよ。

下駄の鼻緒が痛いをなくす歩き方とは?

足が痛くなるのは実は歩き方も大きく関係しています。

下駄を履く時ですが、ビーチサンダルと同じように指を置くまでグイグイ入れ込んで歩いていませんか?

本来下駄の履き方とは前ツボ(指の当たる部分のこと)と足の親指・人差し指の間に少し隙間があるように浅く履きます。

重心は前にかけながら、足の指にひっかけるように歩きます。

正しい履き方なら痛まないので歩き続けられますよ。

指をキッチリ入れ込まないと下駄が脱げそうで気になるところですが、浴衣とは普段のような大股で歩くようにはできていません。着崩れの原因にもなります。

小股で軽く引きずるようにサッサッと歩けば下駄が脱げる心配はありません。

歩き方もしっかりマスターして粋に履きこなして下さいね。

まとめ

下駄を履く前にしっかり準備しておくと、当日の不安も起こりがちなトラブルも取り除くことができますよ。

下駄を履きこなすことができれば、お祭りも人の多い花火大会も気にすることなく楽しめることができますよ。

ぜひ夏ならではの浴衣も下駄も楽しんで下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。