トイレの壁紙の掃除の方法とは?黄ばみや臭いを予防するには?

トイレの壁紙についた汚れを落とす基本的な掃除方法をご紹介します。

トイレ掃除用シートや消臭スプレーでなかなか落ちない黄ばみや臭いもご家庭にあるキッチングッズで意外と簡単にキレイになりますよ。

正しい掃除の仕方を知って汚れ防止も万全にしましょう!

スポンサーリンク

トイレの壁紙の掃除方法 効果的で簡単な方法とは

トイレの壁紙についた黄ばみや臭い。汚れの原因は手垢や飛び散った尿ですね。

そして時間が立つと固くなってしまうので、簡単に落とせることが出来なくなりトイレ掃除用のシートや消臭スプレー程度では落とすことができません。

そこで頑固な汚れを落とすにはキッチンハイターやトイレ掃除の定番サンポールがおすすめです。それぞれのお掃除の仕方をご紹介しますね。

・キッチンハイターの場合

キッチンハイターは台所だけでなくトイレの壁紙掃除にも有効です。ただ漂白効果がとても高いので、まずは目立たないところにハイターを試してみます。壁紙が変色や変質をしないかの確認をします。

一般的なご家庭のトイレの壁紙ならビニール系クロスなので問題ありませんが、必ず確認はしましょう。

キッチンハイターを2~5倍に水で薄めてからスプレーし、ふき取ります。あとはしっかり水ぶきをして下さい。またキッチン泡ハイターなら垂れることなく泡が汚れに密着するのでこちらもおすすめです。

・サンポールの場合

トイレ掃除の昔ながらの定番サンポールなら手軽に購入できますね。尿の汚れを溶かすには酸性のサンポールが有効です。2~5倍に薄めてからスプレーします。こちらもしっかりと水ぶきをして下さいね。

とても強力なので必ず事前に試してみて下さい。

・中性洗剤の場合

軽い汚れなら薄めた中性洗剤でも落とすことができます。壁紙を変質させてしまうのが心配な賃貸マンションにお住まいの方や強力なハイターやサンポールをいきなり使うことに抵抗がある方は中性洗剤から試してみて下さい。

洗剤を壁紙に拭きかけた後は少しこすって汚れを落とし、必ず水ぶきして下さいね。

スポンサーリンク

トイレの壁紙の黄ばみや臭いを落とす時の注意点とは

・しっかり保護してから

肌に付着しないようにできればビニールかゴムの手袋を使います。スプレーする際も飛び散った液体が目や口に入らないように注意して下さい。

マスクを着用しても良いですね。またお掃除の最中は換気も必ず行って下さい。

漂白剤や洗剤が残っているとシミの原因にもなりますし、手に付着すると危険です。お掃除をした後はしっかりと水ぶきをして下さい。

・まぜるな危険!!

キッチンハイターとサンポールの特性には違いがあるので、両方併用しても構いませんが、酸性と塩素系を混ぜると有毒な塩素ガスが発生しますので注意して下さい。

両方を試してみたいのなら片方をよく洗い流してからもう一方を使うようにします。

トイレの壁紙の黄ばみや臭いを予防する対策とは

尿の汚れは時間が経過すると固くなり頑固な汚れになってしまうので、こまめに拭き掃除をすることがおすすめです。きれいに汚れを落とした後ならトイレ掃除用シートだけでも簡単に汚れを落とせます。

それでもマメにお掃除するのは大変・・と感じてしまう面倒くさがり屋さんにはおすすめなアイテムがありますよ。

それはトイレ壁紙シートです。

トイレの壁紙を部分的に保護し、汚れを落としやすい材質になっているシートです。

壁紙の黄ばみが目立つ部分は決まっていませんか?実は尿で汚れてしまう部分は一部です。部分的に貼り付けるシートタイプならとても手軽で経済的です。そしてお掃除しやすいので簡単な拭き掃除でもOKです。

また100均やホームセンターで購入できる「リメイクシート」や「カッティングシート」を気になる部分に貼り付けても良いですね。プチDIYでも手軽に汚れの予防をすることができますよ。

まとめ

壁紙の掃除の仕方がイマイチわからないという方も多いのではないでしょうか。ぜひ参考にしてみて下さいね。

キレイで快適なトイレに仕上げて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。