浅草のほおずき市 値段は?何時まで大丈夫?ご利益とはどんなもの?

fa4dfb4809c81db509bcc4c5ccd26ae5_s

浅草のほおずき市は毎年7月の9日と10日に開催されています。興味のある方はほおずきの値段や何時まで開いているのか色々と知りたいですね。

ほおずき市はどんな縁日なのか、そしてどのようなご利益があるのかなどをご紹介します。

スポンサーリンク

浅草のほおずき市 値段はいくらぐらい?

ほおずき市の2日間は浅草寺の境内には100件以上の露店がずらっと並びその光景は圧巻ですが、価格協定があるのでどこのお店でもほぼ同じです。

売られているほおずきのタイプですが、

鉢植えと江戸風鈴のセット 2500円

切り花として実をつけた枝が1本 1000円

・たくさんのほおずきが袋に入っただけのものなら500円

・竹ひごにほおずきが1つついている「ひごほおずき」なら50円前後。

どこも同じような価格なのに迫力の露店の数。どこで買えばいいのか悩むところですが、交渉ができるお店もあります。2000円ぐらいまでは値切ることも出来るので、少しでも安く購入されたい方はぜひチャレンジしてみて下さい。

また、縁日の終わりに近づくと値段は下がります。2日目の夕方には2000円で売り始めるお店もちらほらと。最終的には1000円くらいで買うことができます。ほおずきがあまり付いていないものや、見るからに質が落ちているものなら500円程度で購入できることもあります。この辺りも交渉次第ですね。

ですがやっぱり良いものから売れていきますので、良いものを選んで購入したい場合はお早めに。そして少しでも安く手に入れたいのなら終わりがけがおすすめですね。

またご旅行や遠方からのお出かけの方や鉢植えを複数買いたい場合、ほおずきを持って帰るのが大変という方もご安心下さい。

もちろん有料ですが宅配サービスを行っているので、箱に入れて宅配してくれますよ。手ぶらで縁日を楽しむことができます。

■浅草観光の参考にこちらもどうぞ

浅草の観光を楽しめる所要時間は?何時から回る?ルートは?

浅草の詳細な地図や周辺情報はこちら【楽天たびノート】


スポンサーリンク

浅草のほおずき市 何時まで開催している?

浅草のほおずき市は毎年7月の9日・10日と日にちが決まっていますが、開催されている時間も気になりますね。

開催時間について調べてみますと終わる時間帯には少しバラつきがあります。観光サイトなどには午前8時から午後8時や9時と書かれていたりします。

ですが実際は1日目なら午後11時頃までは賑わっているので少し遅くなっても大丈夫です。ただ2日目になると売り切れ次第終了となります。あまり遅すぎると良いものが買えなくなるので注意して下さいね。

そして気になる混雑状況ですが、交通規制が行われるほどではありません。

ですが全国から多くの観光客が訪れる浅草寺。日本の夏の縁日を感じられるほおずき市は海外の方にも人気があります。

また昔から夏の風物詩として親しまれているほおずき市はそれなりに混雑します。縁日の雰囲気を存分に味わいたいのなら余裕を持ってお出かけして下さいね。

浅草寺のほおずき市でのご利益とは?

浅草寺のほおずき市と言えば夏の風物詩として有名ですが、なぜほおずきなのかを知っておくとより縁日を楽しむことができますよ。

ほおずき市は四万六千日(しまんろくせんにち)のご縁日にちなんで開催されています。

7月10日に参拝すると、4万6千日分お参りしたのと同じご利益があると古くからされています。

また江戸時代に薬草として定評のあった「ほおずき」を境内で売るようになり、風鈴を取り付けることで涼しげになる様子が、いつからか江戸の夏の風物詩となり今に受け継がれているのです。

ほおずき市の2日間には浅草寺で掛け紙の祈祷札「黄札」と「雷除札」が期間限定で特別に授与されますがこれがお目当ての方も多いようですね。

まとめ

いかがでしたか?最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ぜひ浅草寺のほおずき市へお出かけを考えている方は参考になさって下さいね。

■浅草観光の参考にこちらもどうぞ

浅草の観光を楽しめる所要時間は?何時から回る?ルートは?

浅草の詳細な地図や周辺情報

はこちら【楽天たびノート】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。