新幹線のチケットはなぜ2枚必要?改札の入り方と乗り方について

eb206d5fb2ae1557dc1aa40ebb19e880_s

新幹線のチケットが手元に届いたものの、なぜか2枚。

乗り慣れていないとわからない事がありますね。

だけど出来ればスマートに乗車したいもの。

2枚必要な理由や改札の入り方、新幹線ならではの乗り方を知っておくと初めての一人での乗車でも安心ですよ。

スポンサーリンク

新幹線のチケットが2枚ある理由とは

新幹線のチケットは「乗車券」と「特急券」の2枚になっていますね。

この2枚のチケットにはそれぞれの役割があります。

 乗車券:乗車駅・降車駅や経路を示し、電車に乗る際に必要な切符です。

 特急券:特急に乗るために必要な切符です。

電車に乗るための乗車券と、目的駅まで「速く」「快適に」運んでくれるための対価を特急券で払っているということになります。

遅くてもいいのなら在来線でもバスでも良い訳ですから。

新幹線となると難しく考えがちですが、JRの一般的な電車と同じように考えることができます。

ただ新幹線はすべて特急なので、新幹線を利用するには必ず特急券が必要となります。

それならわざわざ特急券は必要ないのでは?一体にしても良いのでは?

という疑問が浮かびますね。

もちろんこれにも理由があります。

実は新幹線の区間と購入する人の利用区間が同じであれば、乗車券と特急券が合体して1枚で発行されることもあります。

新幹線の利用の仕方も様々で、在来線と新幹線と両方を利用されることもあります。

途中から特急を利用する場合もありますね。

そして乗車券は在来線を含めて全区間で計算し、乗車する距離が伸びるほど割引きになるシステムです。

特急券とは新幹線の利用区間だけに必要なので別々にする必要があるのです。

新幹線チケットの2枚は改札でどうするの?

新幹線チケットが2枚必要なのは理解できましたが、実際に改札を通るときはどうすれば良いのでしょう?

改札で駅員さんに確認すれば良いことなのですが、できれば乗り慣れているかのようにスマートに乗り降りしたいな~なんて思ったりもしますね。

わかるのなら事前に知っておきたいですね。

2枚チケットが必要なシステムの通り、新幹線に乗るためには2枚とも必要です。

駅の外から改札に入る場合は新幹線の専用改札なら2枚重ねて入ります。

在来線の改札から経由する場合は乗車券のみ通して入り、さらに新幹線の改札で2枚重ねて通すことになります。

スポンサーリンク

また目的駅に到着し改札機を出る場合、そのまま駅構外へ出るのならそのままチケットが回収されるので問題ありませんね。

新幹線を利用後、他の駅へ経由する場合は新幹線の自動改札機に2枚通し、お役目を果たし不要となる「特急券」だけが自動的に回収されます。

慣れていないと少し複雑に感じてしまいますが・・

新幹線区間に出入りする自動改札機を通る時には2枚とも必要ということですね。

何となくイメージがつかめてきましたが、やっぱり不安なら改札で駅員さんに確認して下さい。

これが一番安心できますね。

新幹線チケットと乗り方について

次は改札を通ることが出来た後の乗り方についても確認しておきましょう。

・指定席のチケット

指定席の場合なら問題はありませんね。

チケットで乗車する時間、車両の番号(何号車か)を確認し、新幹線到着後は指定された席に乗車します。

・自由席のチケット

自由席の場合はまず自由席の車両を確認します。

列車や車両形式によって異なりますが、1号車~3号車など続きの車両になっています。

ホームでも乗車位置の確認は出来ますし、駅員さんへ聞いても良いですね。

前もって知りたい方はJRのサイトからも調べることができますよ。

JRおでかけネット

https://www.jr-odekake.net/railroad/

自由席は乗車する時刻も自由ですが座る席を保証されていないので、言うなればイス取りゲームのようなもの。

乗車率が100%を超えるような場合は座れないこともあります。

本数の多い新幹線なら1本見送って次の列車に乗車するなど、安心して座るためには少しコツも必要です。

・検礼(乗車券確認)について

車内でのチケットの確認です。正式には車内改札とも呼ばれています。

現在、確認があるのは山陽新幹線の一部と東海道新幹線だけです。

自由席の場合は通路を通り過ぎることはありますが、あまり乗車券の確認はされないケースが多いですね。

昔からの名残りという説や、ビジネス客の利用が多く1時間辺りの本数が多い東海道新幹線で起こりがちな不正乗車を防ぐためとも言われています。

ですが車掌の経験がある方からお話を伺ったところ、乗り慣れていない方やわからないことがあり不安を感じている方へ対応がしやすいからという目的もあります。

ですので乗り慣れていないため確認してみたいことがある際は、遠慮なく質問して下さいね。

検札のある新幹線に乗車される方はチケットを取り出しやすく準備しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?最後までお付き合いいただきありがとうございました。

新幹線に乗る機会のない方にとっては当たり前のような細かなことさえわからないこともあります。

サイトなどで確認してみても、難しく書かれているのでわかりにくいと感じてしまいますね。

少しでも事前に知っておくとイメージがつかめるので慌てることなく乗車できますよ。

ぜひ役立てて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。