こどもの日に柏餅やちまきの由来 行事の意味を伝えるには

5月5日のこどもの日に近づくと柏餅やちまきを良く見かけますね。

食べる機会を多くなりますが、「どうして柏餅やちまきを食べるの?」と疑問に思ったことはありませんか?

そもそもなぜ鯉のぼりなのでしょうか。

由来や行事の意味を知るとお子さんにも説明がしやすくなりますよ。

スポンサーリンク

こどもの日に柏餅やちまきを食べる由来とは

こどもの日になると柏餅やちまきを食べますが、これらの由来は実は異なります。

順にご紹介しますね。

・柏餅

「柏」の木は若い葉が育たないと古い葉が落ちることはありません。

そのことから「子供が生まれるまでは親は死なない」

→「跡継ぎが途絶えない」、「子孫繁栄」と考えられるようになりました。

子孫繁栄という願いをこめて柏の葉っぱで包んだお餅が、端午の節句として縁起のいい食べ物となりました。

また、普段親しみのある柏餅も地域により違いがあります。

餡の種類はつぶあんやこしあん、味噌あんなどが主流ですが、味噌あんが存在しない地域もあります。

そして包んでいる葉も柏の葉が一般的ですが、柏の木の自生が少ない地域ではサルトリイバラの葉で包んでいるものもあります。

・ちまき

柏餅は日本独自の祝い餅ですが、ちまきは中国の行事と一緒に伝来された和菓子です。

もとは中国の故事からきている話で、惜しまれつつ亡くなった故人のために供物を葉の種類は楝樹(れんじゅ)、茅(ちがや)、笹など諸説ありますが、もち米を葉に包み、邪気を払うとされている五色の糸で縛ってから川へ流したことがちまきの始まりです。

5月5日にちまきを作って災いを払う風習が中国で生まれ、日本にも伝わってきた習慣です。

そのためちまきには「難を避ける」という意味を持っています。

ちまきが日本に伝わり、西日本を中心に浸透しました。

ですが江戸時代にはすでに端午の節句に柏餅を食べる習慣が生まれていたので、ちまきはそれほど浸透しなかったようです。

スポンサーリンク

そのため全国的に見ても柏餅を食べる方の方が多いのではないでしょうか。

地域により呼び名が違ったり、各ご家庭によって食べていたものが違ったりするので、改めて見直してもおもしろいですね。

こどもの日にはなぜ鯉のぼり?

五月忌み(さつきいみ)と呼ばれる田植えの前に身を清めるという風習があり、この儀式は男性を屋外に出払い、女性だけが家の中に閉じこもって行われました。

もともとは女性の節句でした。また宮中でも菖蒲を髪飾りにして薬玉を送りあう習慣もあり、中国から伝えられた5月5日の風習と混ざり合わさったと考えられます。

また菖蒲の葉の形が刀のようで、菖蒲が尚武と同じ読みであることから端午の節句は男の子の節句とされ、男の子の成長を健康を祈る日として広まりました。

江戸時代には5月5日が徳川幕府の重要な式日として定められたことで、大名や旗本が江戸城に参上しお祝いをするようになりました。

そして武家の家に男の子が生まれると、玄関先にのぼりを立ててお祝いするようになります。

この風習が庶民にも広まり今の「鯉のぼり」のもとになっています。

こどもの日のことを端午の節句とも言いますが、旧暦では5月は午の月あたり、月初めを月の端という意味で端午と呼ばれるようになりました。

はじめは5月に限ったものではありませんでしが、午(ご)と五(ご)の音が同じことや、行事として行われるようになったのが菖蒲(しょうぶ)の季節ということもあり、5月5日が端午の節句として次第に定着したと言われています。

まとめ

様々な考えや風習が混ざり合って現在のこどもの日が生まれたことがわかりますね。

食べるものも習わしも各地域で色々とありますが、お子さんの成長や健康を願い祝う日であることにはかわりありません。

ぜひお子さんにも伝えてあげて、こどもの日を祝ってあげて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。