端午の節句お祝いのお返しでお菓子の選び方 お礼はいつまで?

息子の端午の節句にお祝いを頂いた場合、どのようなお返しをすればいいのでしょうか?

どんなお菓子がふさわしい?いつお礼をするもの?

お住まいの地域やご家庭によってしきたりや風習が異なるものなので悩まされてします。

お返しについての一般的なマナーや、ここ最近の多くの方が行っているお礼の仕方を知っておくと慌てないですよ。

スポンサーリンク

端午の節句 お返しの仕方について

端午の節句の場合は、お祝い金をいただく以外にも兜やこいのぼりをいただくケースも多いです。

お返しは必要ないという考え方もありますが、どのような場面でも、お祝いをいただいたのならお返しはしておいた方が良いですね。

端午の節句の場合、昔は縁起の良いとされている柏餅・ちまき、お赤飯、鯛の形に見立てたお砂糖、かつお節などを贈る習わしがありました。

ですが贈り物については当然地域差があります。

近年では特に決まりもなく、端午の節句にちなんだオリジナルのお菓子など贈り方も多様化しています。

お返しの仕方としてよく行われている方法をご紹介しますね。

こどもの日に柏餅やちまきを食べる由来とは?

・お菓子

お返しとして最も多い方法です。初節句を迎えるお子さんの名前入りや写真入りなど趣向を凝らした商品も多く出回ります。

この時期になると各菓子屋さんが力を入れているので、オリジナル性の高いギフトを見つけることができますよ。

・食事会

両家のご両親やご親戚をお祝いを兼ねたお食事会に招待します。

この場合、お帰りの際の手土産などは必要ありませんが、気になる方は小さなお菓子などを用意されると良いですね。

・写真

お子さんの端午の節句らしいお写真を送るのもアイディアの一つです。

日付や名前が掘り込まれた写真立てやアルバムに仕立てて贈るのもいいですね。

兜やこいのぼりを頂いた場合は一緒に撮影しましょう。

・お返しの相場とは?

初節句のお返しもほかのお祝いと同じように頂いたお祝いの3分の1~半分が目安です。できれば割り切れない数の1・3・5などの奇数の数や金額が理想ですね。

ただ豪華なお品を頂いた場合は必ずしもその割合でなくても良く、周囲の方と相談するといいですね。

・お返しを受け取ってもらえない場合は?

ご両親や親戚などの場合は「お返しはいらない」と拒否される場合も多いですね。

その場合は感謝の気持ちとして表してみてはいかがでしょうか?お食事会やお写真なら喜ばれるのではないでしょうか。


スポンサーリンク

端午の節句 お返しにふさわしいお菓子とは

子どもの成長を願う祝い菓子でもある柏餅やちまきをお返しとして贈ることも多いです。地域によってはお返しは柏餅というところもあります。

ですが遠方の方に送る場合は日持ちするお菓子を選びたいですね。日持ちするものとして洋菓子は人気があります。

その中でもバームクーヘンはお返しとして選ばれています。バームクーヘンを気の年輪に見立て、成長や繁栄の象徴として昔から言われていますね。

こちらのように、バームクーヘンに名前を入れるサービスなどを行っているお菓子屋さんもありますよ。

こどもの日に柏餅やちまきを食べる由来とは?行事の意味を知りたい

端午の節句 お返しはいつするもの?

端午の節句のお返しは5月5日にするのが一般的と言われています。

ですが最近では意外と知らない方も多いですね。遅くても5月の中旬までにはお返しを済ませるようにしましょう。

お祝いとして兜やこいのぼりを早めに頂く場合がほとんどですが、お礼の連絡はなるべく早く済ませるようにしておきましょう。

のし紙は「紅白蝶結び」を選び、表書きは「内祝い」または「初節句内祝い」とします。

名義はお子さんの名前のみで書きます。

まとめ

いかがでしたか?慣れないことで慌ててしまいますが、マナーを少しだけ押さえておくだけです。

あとはお祝いしていただいた気持ちのお返しと考えればご自身のお返しの仕方がきっと見つかりますよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。