スカイツリーの予約は今でも必要?所要時間やキャンセルについて

IMG_7062

スカイツリーオープン当初の混雑ぶりはよく知っているけど、あれから数年。

今でも予約は必要なの?現在のリアルな混雑状況とは?

失敗談も交えてご紹介しますね。

東京旅行でスカイツリーを考えている方には時間が限られているので所要時間も気になります。

キャンセルの仕方なども知っておくと旅行プランが立てやすくなりますよ。

スポンサーリンク

スカイツリーの予約は今でも必要なもの?

予約が必要なのかどうかについて、問題なのはどのぐらい混んでいるのかということですね。

スカイツリーのチケットが確保できないほどオープン当初はすさまじい混雑ぶりでした。

あれから何年経っているし、それほど混んでいないのでは?とも考えます。

例えば平日なら、大丈夫なのかな?とか。

ですが、その感覚が甘かったです・・。

東京旅行の際に予約を気にせず気軽にスカイツリーに行ってみたのですが、

なんと 待ち時間60分の文字・・。

到着した時刻は10時すぎでした。

スカイツリーで友人と合流し、一緒に回ったのですが彼女は9時過ぎに到着していました。その時間はなんと並んでいなかったということ。

10時近くになるとどんどん混み始めたということ。

近くにいたスタッフさんも同じようなことを言っていました。

予想外の多さに驚き並んでいたのですが、よく見ると修学旅行生らしきグループや小学生の遠足らしき団体も見かけました。

平日でもこれはあり得ますね。

ということで、改めて現在の混雑状況についてまとめてみますと、

・平日でも10時近くになると待ち時間は1時間を超える。

土日や休みの場合なら・・さらに待ち時間は長くなりますね。

休日のお昼前後には待ち時間が4~5時間近くになることもあります。

・待ち時間が60分を越えると整理券対応になります。

整理券をもらうために並んで、更にチケット購入のために並ぶことになります。

整理券も混雑時は夕方近くでなくなることもあります。

・事前予約の場合は10分前後で入ることができます。

これなら事前予約が断然お得!と思いますが、

当日券は2,000円、事前購入は2,500円なので料金面だけで見ると当日券の方が安いです。

せっかくの東京旅行。時間を確実に確保したいのなら予約は必要ということになりますね。

ただ大型連休や春休み、夏休みなどのシーズンは予約すら完売している時もあるので事前にご確認下さい。

スポンサーリンク

■東京スカイツリーwebチケット

http://www.tokyo-skytree.jp/reservation/ticket_online.html

スカイツリーの予約や所要時間について

入場前までの待ち時間はなんとなく理解できましたが、スカイツリーでの所要時間も旅行プランを立てるためには知っておきたいですね。

天望デッキは入場規制を行っているので、ぎゅうぎゅう詰めでまったく景色が見えないということはありません。

ですがそれなりに混雑していると見るのにも時間がかかります。

所要時間としては350mの天望デッキだけをゆっくり回って1時間程度です。

さらに上の450mの天望回廊450mまで行くと1時間半程度です。

天望回廊へ行くには天望デッキにある受付で別途当日券1,000円が必要になります。

天望回廊には専用のエレベーターに乗るのですが、天望回廊まで行く人はかなり減るので比較的スムーズに行くことはできます。

また天望デッキにはカフェやレストラン、天望デッキ限定のお土産が売っているショップもあるので、その時間を含むとプラス1時間程度ですね。

スカイツリーの予約後のキャンセルについて

スムーズに天望デッキへ入るためには予約の方が便利に感じますが、キャンセルにもデメリットな部分があるので確認しておきましょう。

スカイツリーのキャンセルについて、

・予約日の5日前まではキャンセルが可能です。

ただしキャンセル料(1チケットにつき500円)がかかります。

それ以降はキャンセルすることができないので返金はされません。

もし当日、予約日に行くことができない場合でも、

予約日の29日後までは引き換え可能です。

ですが当日入場券になってしまうので時間の指定をすることはできません。

当日入場者と同じように並ぶことになりますね。

旅行など遠方からの来場予定で、29日以内に振替することが出来ない場合は返金されないことになります。

予約の変更やキャンセルが自由に出来ないのが少しデメリットですね。

こちらで詳しく確認できます。

■東京スカイツリーwebチケット

http://ticket.tokyo-skytree.jp/

また台風など当日の悪天候による中止の場合はキャンセル料が発生しません。

そのあたりは個別で対応は行っているので、電話での確認になります。

まとめ

いかがでしたか?

一度は行ってみたい東京スカイツリーですが、やっぱり人気スポットです。

来場する時間帯や予約のメリットやデメリットを把握しておくとスムーズに入ることもできるので、ぜひ旅行プランの参考にしてみて下さいね。

周辺のホテルクチコミはこちらから【楽天たびノート】

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。