母の日プレゼントのメッセージカード 彼氏のお母さんへの書き方

adafd2f055e5f09e316ce16be1be1790_s

母の日のプレゼントに添えるメッセージカード。彼氏のお母さんに贈る場合はどうやって書けばいい?

正式に結婚も決まっていない微妙な間柄の場合なら書き方に迷いますね。

失礼のない文例やおすすめなプレゼントなどマナーを知っておくと安心できますよ。

スポンサーリンク

母の日プレゼント メッセージカードの文例

日頃、仲良くして下さる彼氏のお母さんに感謝の気持ちを込めて母の日のプレゼントを贈りたい。

いつも親切にしてもらっているので、その気持ちを伝えたいけれど「母の日」としてのカードの書き方には悩まされてしまいます。

いずれは結婚したいけど・・という場合など微妙な関係の相手に、あまりにも入り込んだ印象を与えてしまうと引かれてしまわないか心配になります。

そこで当たり障りなく、気持ちを伝えられる文例を集めてみました。

「いつも親切にして下さり、ありがとうございます。

これからもよろしくお願いいたします。」

・シンプルに気持ちを伝えることができますね。

「いつも気さくに話しかけて下さり、ありがとうございます。

○○さん(彼)とお付き合いをさせて頂けて嬉しいです。

これからもよろしくお願いします。」

・彼のお母さんがフランクな接し方をされる場合におすすめです。

「いつも優しく見守っていただきありがとうございます。

ささやかですが、感謝の気持ちをこめて選びました。

これからも宜しくお願いします。」

「いつも温かいお心遣いをいただきまして、ありがとうございます。

心ばかりですが、日頃の感謝の気持ちを込めて、送らさせていただきます。

お使い頂けると嬉しいです。」

気に入った文章を組み合わせてお使いいただいても良いですね。

「また○○(場所の名前)へご一緒させて下さいね。」など、共通のエピソードがある場合、文章に折り込むとより親しみを持たれますし、好印象です。

スポンサーリンク

日頃、彼のお母さんから親切にしていただいていることを「どう感じているのか」を相手に伝わるように分りやすくすると感謝の気持ちをより表現できますよ。

・タメ語はまずい?

普段とても仲が良くて、フランクな付き合い方をしているとしてもなるべく丁寧な書き方にすることをおすすめします。

タメ語の方が親しみを込めているようにも感じますが、普段は仲良くても締めるところはしっかり締めた方が印象が良いですよ。

母の日プレゼント メッセージカードの宛名や差出人の書き方

メッセージカードの宛名書きも悩むところですね。

「お母さんへ」ではさすがにあつかましいのでは?

普段仲良くしていても、このあたりはしっかりとわきまえた方が良さそうです。

「あなたのお母さんじゃないし・・。」と思われる可能性が高いです。

カードなので、宛名は無しでいきなり文章でも良いですね。

これがカードの利便性でもあります。

きっちり「○○さんへ」と宛名を書きたい場合や、宛名を書く部分のあるメッセージカードの場合は○○さん(彼の名前)のお母様へが正式のマナーです。

そして差出人ですが、普段「○○ちゃん、○○さん」など気軽に名前で呼ばれていたとしても、フルネームで書きましょう。

彼と二人からのプレゼントの場合は連名でも大丈夫です。

できれば文面に「○○さん(彼)と、二人で考えました。」と一言添えることをおすすめします。

母の日プレゼント 彼氏のお母さんにおすすめなものは?

彼のお母さんへのプレゼントの選び方ですが、たとえ仲が良い方だとしても微妙な間柄なので、あとが残らないものが良いですね。

母の日プレゼントの定番の花やお菓子がおすすめです。

あまり重く受け止められないように、五千円以下には押さえておきましょう。

最近は母の日向けの花には趣向を凝らしたものや個性的なものを多く見かけますが、できるだけ定番なものが良いですね。

身内ほど近しい関係ではないので、あなたの意図することが相手にも伝わるとは限りません。

「母の日」に抵抗があるのなら、カーネーションなどの定番以外のお花のプレゼントもおすすめです。

まとめ

いかがでしたか?

ぜひプレゼント選びやメッセージカード書きの参考にしてみて下さい。

基本的なマナーや考え方をしっかりおさえて、素敵な母の日の贈り物をして下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。