一人で飛行機に乗る座席の選び方や荷物について 初めてでも安心!

a0790_000082

一人で飛行機を利用する場合、座席はどこがいいのでしょうか。

トイレの時、貴重品や荷物は?など、初めて一人で飛行機に乗る場合は不安がたくさんありますね。

長時間のフライトでも疲れない場所や、一人でも安心してくつろげる場所場所などしておくとより旅が楽しみになりますよ。

スポンサーリンク

スーツケースのパッキング方法やコツ 帰りによくある失敗とは?
スーツケースへワインの詰め方 割れる可能性は?本数は何本まで?

一人で飛行機に乗る時の座席のおすすめは?

エコノミークラスの長時間のフライト場合、座席の位置によって疲労度がかなり変わります。エコノミーで一番良いと言われる座席から順にご紹介しますね。

・非常口列(イグジットロウ)

キャビンアテンダントが座る席の向かい側で、足元が一番広いとされています。気兼ねなく足を伸ばせるのはかなり大きいです。

・バルクヘッド

前列に座席が無く、壁の前の席です。こちらも足元が広いです。

ですが、これらの席はかなり競争率が高いです。

事前に座席指定が出来る場合なら席を押さえられる可能性もありますが、基本的に快適と言われている席は事前にマイレージプログラムの上級会員が押さえていたり、会員優先で、空いていても会員以外の人は事前に指定できないケースもあります。

人気座席以外でおすすめな場所をご紹介しますね。

・前方のシート

団体客は後方を押さえることが多いので、団体客から離れることができます。また到着後に早く飛行機から降りることもできます。

・窓側?通路側?

窓側と通路側で迷うところですが、お一人なら通路側の方がメリットが大きいです。

窓側の席の人からトイレに立たれることはありますが、自分からは気兼ねなく席を立つことができます。

スポンサーリンク

そして少しでも足元を広く取ることができます。

フライトにもよりますが、夜行や直射日光などブラインドも下げていることが多いので景色もそれほど関係ないです。

そして窓側は寒いことも多いです。

窓側、通路側どちらにもメリットはありますが、バスや電車とは勝手の違うことの多い飛行機は通路側の方が便利な場面が多いです。

一人で飛行機を利用する時の荷物について

トイレのために席を立つ時など、同行者がいれば貴重品を見てもらうことが出来ますが一人旅の場合、荷物はどのようにすれば良いでしょうか?

「荷物を見ておいて」と気軽にお願いできる相手がいない場合の荷物が気になりますね。

機内に持ち込む荷物の持ち方ですが、

 ・機内で必要なものを入れておくバック と

 ・貴重品を入れておく小さめのバック の2個持ちがおすすめです。

国内外問わず、荷物を盗まれる置き引きなどの犯罪は基本的に取って逃げるです。

逃げ場のない機内の場合、目立つような大きな荷物を盗まれる危険性は少ないです。

貴重品や盗られては困るものを小さめバックに入れておき、席を立つ際は持って移動するようにします。

トイレもそれほど広くないので、肩掛けで最小限の荷物が入る大きさのバックがおすすめです。

荷物が邪魔で足元に手荷物を置く方もいらっしゃいますが、これは結構なリスクです。

盗られても仕方がないものと考えておいた方が良いです。

また睡眠を取る時もバックは離さないようにしておくか、目に付かないように隠しておきます。

財布やパスポートなどは洋服の内側に隠しておく方も多いですね。

一人旅の時は特に、防犯面は気を使うようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?よく一人旅を楽しんでいる方の意見を参考にしました。

知っておくことで少しは不安を取り除くこともできるのではないでしょうか。

一人旅を楽しむコツは情報収集です。しっかり準備して楽しい旅にして下さいね。

■こちらも参考にどうぞ。

スーツケースのパッキング方法やコツ 帰りによくある失敗とは?
スーツケースへワインの詰め方 割れる可能性は?本数は何本まで?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。