中学の入学祝のお返しの仕方 失礼のない金額や品物の選び方とは

tk_1a

子供が中学へ入学。成長した姿を見られるのは喜ばしいことですが、様々な悩みもついて回るものです。

そのひとつに入学祝のお返しがあります。

頂いた方との関係や立場なども様々で悩まされる方も多いですね。

失礼のない金額や品物の選び方を知っておくと、気持ちよくお返しができますよ。

スポンサーリンク

中学の入学祝のお返しの仕方とは

入学祝のお返しは、本来は必要ないとも言われています。

お祝いは入学するお子さんに贈られるものなので、これから学業に励むお子さん自身には収入もなくお返しすることができませんね?

お返しは必要ありませんが、当然のことですがお礼はしなければなりません。

すぐにお礼の連絡を入れるか、お祝いを頂いたお子さん自身に手紙を書かせることが一般的なマナーです。

お返しをする時、のしを利用する際は「内祝い」と表記することになりますが、内祝いには内(家)での祝い事をお披露目するという意味があり、結婚祝いや出産祝いのお返しで使われています。

そのため入学祝の場合には内祝いは存在しないという考え方もあります。

お返しをすること自体が失礼と言われる方もいらっしゃいますね。

それでも高額なお祝いを頂いてしまった場合や、いつもお世話になっている目上の方、お仕事上の関係の方などに何もお返しをしないのも気が引けます。

いつももらいっぱなしになっているのも気になってしまうという場合もあります。

立場上や建前として渡される方もいらっしゃいますが、お祝いとは気持ちの問題です。

それならお祝いの気持ちはありがたく受け取って、相手の立場を考えながらお礼の気持ちを返す。というのはいかがでしょうか?

相手がどうしてもお返しを拒否したり、身内の方の場合には入学式や制服姿のお子さんの写真を送ったり、お食事に誘ったりするのもおすすめです。

最近では手紙を書く機会も少なくなっているので、お子さんにとっても良い経験でしょうし、お手紙をもらうのは嬉しいものです。

気持ちのお返しの仕方は品物や金額だけではありませんよ。

中学の入学祝で失礼のない金額とは

内祝いのお返しは半返しとよく言われますが、本来必要のない入学祝の場合は多くても受け取った金額の3割程度の金額に抑えます。

仕事上の関係や形式的なお付き合いの方なら、それ相応のお返しをします。

スポンサーリンク

お返しをする方の立場としては金額的に少なくないか考えがちですが、あまり高額のものをお返しすると目上の方に対して逆に失礼になる場合もあります。

高額なお祝いを頂いた場合は1割から3割を目安にして金額に応じたお祝いを考えます。

友人や両親など、相手がわかる近い関係のお祝いはマナーやお返しの形式にこだわるよりも、相手が喜ぶお返しの方法を考えるようにします。

特に友人や知人の場合こちらはマナーとしてきっちりお返しをしても、相手側からすると「そんなつもりじゃ・・」という気持ちにさせてしまう時もあります。

お祝いを贈る側にお子さんがいない場合、お互い気遣うあまり不自然なやりとりになってしまうことが良くあります。

その場合は金額にとらわれず小さなお菓子にするなど受け取る相手の負担にならないお返しの仕方に工夫して下さい。

別の機会に贈り物をするなど感謝の気持ちを返す場面は他にもあるはずです。

中学の入学祝でお返しに選ぶ品物

・ギフト券

受け取る方が自由に好きなものを選ぶことができるので品物を選ぶ必要もなくとても便利ですが、お返しの金額が丸わかりになってしまいます。

高額なお祝いを頂いた場合に、他の品物と組み合わせると良いですね。

・カタログギフト

こちらも好きなものを選ぶことができるので便利ですが、安いものでも2000円以上の商品になります。

入学祝の内祝いとしては少しかしこまってしまうので、目上の方や高額なお祝いを頂いた場合に利用するといいですね。

・お菓子類

「ほんのお礼の気持ちです」という意思が表せるので、もっともオススメです。

お菓子ならしっかりとした詰め合わせから、小さなお菓子の包みまで相手との関係に合わせて選ぶことができます。

親しい間柄なら、お好きなスイーツを贈ってもいいですね。

・タオル類

すぐにお返しを渡せない場合や、お渡しするタイミングが予測つかない場合におすすめです。

タオル類ならもらっても困らないものですね。

※のしはどうする?

入学祝のお返しはお礼の気持ちの意味合いが強いので基本的には必要ないと言われています。

ですが形式的にしっかりと行いたいのであれば、「内祝い」とするのが無難です。

まとめ

いかがでしたか?お返しの仕方に迷われていた方はぜひ参考になさって下さいね。

お子さんの成長をすっきりと気持ちで見守ることができます。

入学祝いはお子さんの進学を祝って頂いたものなので、親御さんの問題だけにしないでお子さんにも話してあげて下さいね。

そして感謝の仕方をしっかりと教えてあげて下さい。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。