あさりの砂抜き失敗する原因は?かかる時間や美味しくなるコツ

a0002_010982

あさりを食べた時の「じゃり!」の感触。がっかりしますね。

潮干狩りでとってきたあさりの砂出しってイマイチわからない。

ネットで調べてちゃんと塩水につけて暗くして置いているのに。

多くの方が失敗する原因をあげてみますのでぜひチェックしてみて下さい。

砂抜きにかかる時間や美味しくいただくコツもどうぞ。

スポンサーリンク

あさりの砂抜きに失敗する原因チェック

あさりの砂抜きと言えば、

 ①海水または塩水につける。

 ②新聞紙などをかぶせて暗くする。

 ③ピュッと吐き出すので周りにも新聞紙をひいておく。

このような手順で、もちろん間違いがありません。

失敗しない砂抜きのポイントはデリケートなアサリに安心して砂を吐き出してもらうことです。

そのためには海と同じような環境にすることです。

あさりの砂抜きに失敗してしまう方の見落としがちなポイントをいくつかあげてみましたので、ぜひチェックしてみて下さい。

・塩分濃度は3~4%

目安は500ccの水に対して大さじ1の塩です。

海水の塩分濃度は3.1~3.8%と言われていますが、日のあたる浅い場所では水分が飛ぶので塩分濃度が上がります。

当然潮干狩りであさりは浅いところで採るので少し濃い目にするのがオススメです。

・重ならないように並べる

重なっていると、重なっている下の貝が吐いた砂を上の貝が吸ってしまいます。

・平らな容器で少な目の塩水

塩水はアサリがちょっと出るくらいの量にしないと窒息死してしまいます。平らな容器が良いですが、そこに溜まった砂をあさりが吸わないためにカゴで底上げしておくのもおすすめです。

・静かにする

あさりは音や衝撃にかなり敏感です。危険を察知すると一気に閉じてしまい、砂吐きをしなくなってしまいます。

・水温は約20℃

塩水の温度を20℃くらいが理想的です。冷蔵庫では寒すぎるので注意して下さいね。

潮干狩りで大量に取れた場合、浅く並べるのに家にあるバットやカゴでは収まりきらないこともありますね。

スポンサーリンク

アサリがたくさんある時は、食器用のカゴが便利ですよ。

100キンでも揃えられるので、よく潮干狩りに出かける人は揃えておいてもいいですね。

あさりの砂抜きにかける時間は?

砂抜きにかける時間は3時間ほど塩水につけておきます。

というか、この時間で引き上げるようにしましょう。

3時間程度で十分砂を吐き出してくれますし、気温も高くなる季節です。

水温の高い場所に置きすぎるとあさりの体力がなくなり、美味しさも奪われてしまいます。

放置しすぎて体力がなくなるとアサリがだらりと口を開いていて無反応ということもあります。

生きているのか判断がつかず、食べられるのかわからないという失敗も多いです。

特に貝類の食べ方には慎重になりますよね。

砂抜きが終わったら、さっさと切り上げて冷蔵庫で鮮度を保ちましょう。

<保存方法>

1 ザルにあけて真水で殻をこするように洗います。

2 ザルに上げるなど水を切って冷蔵庫で保存します。

3 2,3日以内で食べきるようにしましょう。

すぐ使わない場合はこのまま冷凍できますよ。

<死んでいるアサリの見分け方>

洗っている時点で、貝にとっては衝撃を与えているので生きているあさりならぴったりと口を閉じています。

貝をこすり合わせてみて簡単に貝がずれるのなら死んでいるのでここで省きます。

あさりを砂抜きしたあとに美味しく食べるコツ

あさりの調理で美味しくいただくコツを2つご紹介しますね。

・あさりを出しておく

調理する1時間程前に水洗いして、水から上げて常温(暑い時は時間を調整して下さい)に置いておきます。

あさりが余分な塩分をしっかりと吐き出すので、「しょっぱい!」ということもなくなります。

これはあさりの塩抜きとも言われています。

アサリ自体のうまみがしっかりと詰まっているので美味しくいただけますよ。

・水から調理

アサリを調理する場合は水から加熱すると貝から身が離れません。

また加熱しすぎると身が固くなるので、貝がパカっと開いたら加熱終了の合図です。

まとめ

あさりの調理にいつも失敗してしまう方はぜひポイントをチェックしてチャレンジしてみて下さい。

最後までお付き合いいただきましてありがとうございました。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。