引越し後のダンボールが回収されない 無料で処分する方法は?

引越し後に出るのダンボール。

業者に回収してもらえい場合もありますよね。

思った以上に大量に出たダンボールが新居を占拠中。

どうしていいのかわからない。

資源ごみの出し方や、無料で処分する方法を調べてみました。

スポンサーリンク

引越し後のダンボールが回収されなかった場合

無事引越しが済んで、荷ほどきも順調に進み、気が付くと

大量のダンボールに驚かれる方も多いですね。

これだけ大量にあるとどうやって処分すればいいの?

処分する方法を大まかにまとめてみますね。

<その1> 引越し業者に有料で依頼

引越し業者に引き取ってもらえない場合は、ダンボールの回収が

有料なっている場合が多いです。

「ダンボールの引取りが有料?」と意外な感じがしてしまいますが、

最近では資源を大切に扱う考え方になってきています。

ダンボールの回収を有料で行っている企業も増えています。

回収業者に依頼するよりは格安ですよ。

<その2> ごみとして出す

指定の回収場所に資源ごみ、または可燃ごみとして出します。

マンションなど集合住宅の場合は引越しが済んだ時点でゴミの捨て方の

案内をもらう場合が多いです。

ですがダンボールは分別の区分が曖昧で、地域の自治体によってかなり違いが

あります。

はっきりわからない場合は市役所や、近所の方、管理会社に問い合わせて

必ず確認します。

資源ごみの場合は少量ずつ出すことがマナーとなっています。

引越し後のダンボールを大量に出したことによるトラブルは結構多いです。

特に最初が肝心なので、マナーはきっちり押さえておきましょう。

<その3> その他

その他にも無料、有料の方法がさまざまありますので、

各章を参考にして下さいね。

引越し後のダンボールを無料で片付ける方法

ダンボールの回収を無料で行っている方法をご紹介しますね。

ゴミ処理場へ持ち込み

スポンサーリンク

自治体の管理しているゴミ処理場施設のことです。

クリーンセンター、環境センター、掃除センター、エコセンターなど

呼び方は地域により様々です。

持込は可能か、場合によっては引き取りに着てもらえるかなどは

市役所などで確認してみて下さい。

廃品回収

土曜日や日曜日には子ども会や小中学校の廃品回収が行われています。

月一回から数ヶ月に一回程度の頻度で行われているので、そういう情報は

広報や大家さん、ご近所の方に聞いてみると良いですよ。

こちらも持ち込む場合も引取りを行ってくれる場合もあります。

古紙回収業者

自治体ではなく業者が行っている古紙回収施設があります。

持ち込むことで無料で引き取ってくれます。

定期的に回収が行われる無人の古紙処理場が設けられている場合も

あります。

曜日や時間など気にすることなく持ち込むことができるので

とても便利です。

お住まいの地域にあるかどうか「古紙回収業者」で一度調べてみて

下さい。

引越し後のダンボールをなるべく早く処分する方法

引越しの荷物がとても多い方で、使用済みのダンボールが大量に

室内を占拠してしまう場合もありますね。

それは一部屋を潰してしまうほどの量。片付けどころか、引越し後の

生活に支障をきたしてしまう。

あまりの量に途方に暮れ、ストレスを抱えてしまうという方は少しでも

早くダンボールを処分したいですね。

車もなく自治体の処理施設や回収業者に持ち込むことが困難な場合は

回収業者に引取りを依頼する方法があります。

当然回収を依頼するダンボールの量にもよりますが、大体数千円程度です。

資源ごみの回収日を気にすることなく、すぐにでも処分できる方法です。

まとめ

いかがでしたか?

大量にあるダンボールの処分に思わず途方に暮れてしまいますが、

片付ける方法を知っておくと慌てることはありません。

ぜひ役立てて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。