風邪を治すのにカイロで温める方法とは 貼る場所は?寝る時は?

ゾクゾクする寒気。のどの痛み。鼻がグズグスしている・・。

できれば病院や薬だけに頼らないで風邪を治したい。

カイロで身体を温める効果的な方法がありますよ。

身体を効率よく温める貼る場所や寝る時は貼っていても良いのかなど

ぜひ参考にしてみて下さいね。

スポンサーリンク

風邪をひいた時カイロで温めると良いのはなぜ?

風邪を治すにはとにかく身体を温めることですね。

それは身体を温めることでウイルスと熱が戦うからです。

身体の冷えと血流はとても関係しています。

血流が悪いと内臓の働きも低下させますし、血管が収縮することで

手足などの末端が冷えてしまいます。

大きな血管が通っているような場所にカイロを貼ることで温められた

血液が毛細血管まで届き全身が温まります。

血行が良くなることも大きいですね。

東洋医学としても効果的なツボにカイロを貼ることで風邪の主な

症状に効果があると言われています。

では効果的な場所をご紹介しますね。

風邪を治すのに効果的なカイロの貼る場所

・首まわり

東洋医学では「風門」(ふうもん)というツボがあります。

場所は後ろ髪の生え際あたりからくぼみがあります。

正確な位置を覚えていなくても、手の届く範囲で首の付け根あたりに

貼るタイプのカイロを貼ってみてください。

風門という名の通り、風が侵入する門と考えられています。

風邪のひきはじめ、ゾクゾクと感じる時に効果的です。

またカイロを貼るときに、風門から少し下のあたりには肩甲骨があり、

スポンサーリンク

肩甲骨の間には太い血管が通っています。

カイロで温めることで温めた血液を全身にめぐらせることも出来ますし、

肩こりにも効果的な場所ですよ。

風邪を治すのに寝る時に貼っていても大丈夫?

風邪を直すためには睡眠はとても大切ですが、寝るときに身体を

温めるためにカイロを貼ったままでも良いのでしょうか?

カイロの温度とは45度前後で気持ち良いと感じる温度ですが、

長時間貼っていると低温火傷を起こす可能性があります。

6時間以上、44度で密着させていると火傷を起こすという

報告がされています。

服の重ね着をして密着を防げば大丈夫では?とも思われがちですが、

布団の中は密閉された状態です。

布団の重みで密着してしまう可能性もあります。

また身体を出来るだけ温めたいですが、寝ている間は起きている時とは

違う体温変化があります。

睡眠に入るときに一度体温は上昇し、そのあと体温は下がって身体を

休めます。

カイロで身体を温め続けていると体温を下げることが出来ず、身体を

休めることが出来なくなってしまいます。

これでは逆効果ですね。

冷え性など寒さでどうしても寝付けない方は、薄手のものを首周りに

一枚かけたり、腹巻を利用すると良いですよ。

まとめ

カイロを貼る場所を知っておくと風邪のひき始めなどに未然に防ぐことも

できそうですね。

薬だけに頼りたくない方にもオススメな方法です。

ぜひ試してみて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。