子供が漢字が苦手で書けない 楽しく取り組める小学生の練習法とは

子供が漢字が苦手でぜんぜん書けない。

苦手意識を持っているから勉強も進まないみたい。

高学年になると覚えなければならない漢字はどんどん増えているのに。

楽しく取り組める小学生の練習方法を知ってしまえば

高学年の今からでも遅くはありませんよ。

スポンサーリンク

子供が漢字を苦手になる原因とは?

漢字の勉強を始める前に、どうしてお子さんが漢字に対して苦手意識を

もってしまうのかおさらいしておきましょう。

小学校に入学したての1年生。

ひらがな以外の文字を覚えるのが楽しい時期ですね。

そして簡単な文字がほとんどなので、すぐに覚えられ達成感も持てます。

そして2年生。

普段の生活で目にする漢字を見つけることもでき、読める文字が増えいてる

楽しさを感じられます。この頃は漢字は身近なものという位置づけです。

そしてまだまだ習う漢字の量も少なく、達成感を持ちつつ覚えることを

こなすことができます。

ですが、3学期あたりから徐々に漢字は増え始め・・・。

3年生で一度の習う漢字の量が一気に増えます。

今まで順調にできていたのに漢字を苦手と感じ始めるお子さんも

一気に多くなります。

苦手を感じると今度はヤル気がなくなっていくもの。

それなのに毎日新しい漢字は増えるばかり・・。

苦手 → 勉強がおろそかになる → ますます苦手 → 習う漢字は増える

この悪循環に、お子さん自信もどうして良いのかわからないのです。

気が付いたら漢字の成績が悪くなっている、「これはまずい!」と

とりあえず書き取りをさせていませんか?

それでも成績が上がらない。漢字勉強のたびに親子で衝突。

それは勉強方法がお子さんに合っていない可能性があります。

まずはお子さんの目線に立った方法を探ってみましょう。

子供がどの漢字が書けないかチェック

お子さんに合った勉強方法を探るためにもまずは苦手と感じている

書けない漢字のチェックから始めましょう。

チェックを始める前に、お子さんはどんな漢字が苦手かわかりますか?

意外とわからないものですよね。

チェック方法ですが、まずは小学校低学年に習う漢字の読みを

させてみます。

テストではなくチェックすることがポイントです。

漢字は1年生からの積み重ねなので、現在の学年より低学年に習うものでも

理解できていないケースがほとんどです。

書くことが苦手なので、読むことの方が気軽に取り組めます。

そして読むことができなかった漢字にチェックを入れます。

現在の学年まで読みのチェックをすすめます。

スポンサーリンク

2~3回一通り読みをさせると読めない漢字がより明確になります。

そしてお子さんが苦手と感じている漢字について親御さんの方も

理解ができてくるので漢字の勉強方法をイメージしやすくなります。

子供の漢字を覚える練習方法とは

・記憶に関連付ける

読みのチェックをしてみると、まったく読めない。あるいは

教えてもすぐに忘れてしまう漢字なども見つかります。

なぜ出来ないのか?これはお子さんにとって身近と感じられない

感じです。そのため記憶に残らずすぐに忘れてしまうのです。

例えば自分の名前に入っている漢字や、好きなキャラクターや言葉に

使われている漢字なら喜んで答えますよね?

読めなかった漢字の意味や使い方を教えてあげます。

一緒に辞書で調べてみても良いですね。

辞書に書いてある内容がお子さんには難しいと感じるようならば

普段の生活のお子さんに身近な言葉を使って使い方を教えてあげて下さい。

無機質な文字も丁寧にわかりやすく教えてあげることで記憶に残りやすく

覚えることができるようになります。

・毎日10分書かせる

膨大な量の漢字を身につけるには記憶に定着させることです。

そこでお勧めなのが「毎日10分漢字」です。

親としてはたった10分?と思ってしまいがちですが、

10分なら無理なく取り組めます。

そして出来れば一緒に付き合ってあげて下さい。

隣で座って見てあげるても良いですし、目の届く範囲で過ごすだけでも

構いません。

一緒に勉強をしている一体感はお子さんにとっても力になります。

お仕事や家事など忙しくても10分間なら付き合ってあげることも

できますね。

積み重ねることも大切ですが、毎日取り組む習慣をつけることは

この先、今以上に増えてくる勉強量に対してもとても有効です。

取り組む内容ですが、1年生の漢字から始めます。

今さら?と感じますが、1年生で習う漢字から土台になっています。

1年生で習う漢字を組み合わせて2年生で習う漢字が出来ています。

改めて覚えることで記憶が定着されていきます。

そして簡単にこなせること、達成感を味わうことは楽しく勉強

することができます。

無理なくお子さんが取り組める毎日習慣がついてきたら、チェックして

見つかった苦手漢字を少しだけ多く書かせてみて下さい。

まとめ

苦手な漢字の克服はまず苦手じゃないものに意識を変えてあげることです。

お子さんが無理なく楽しくなれるような方法をぜひ見つけてあげて

下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。