布団を洗うことは家でもできる?洗濯の方法は?干すのはどうする?

布団を洗うことは家でもできる?

丸洗いをクリーニングにお願いすると高いし時間もかかる。

だけど、ずっと洗っていない布団を毎日使うのも・・。

洗う方法から脱水、そして干すまで。

何度か経験した上のポイントをまとめました。

スポンサーリンク

布団を洗うことは家でも難しくない?

子供がいない頃は布団を丸洗いすることは考えたことが

ありませんでした。

ですが、そうは行かない状況に。

・子供が小さいうちに繰り返すおねしょ。

・胃腸風邪で布団に嘔吐・・。

おねしょは子供が成長するまでは仕方がないとして、

嘔吐してしまった布団はさすがに気になります。

ネットなどで調べながら消毒など適切な処置をしていますし、

その後、胃腸風邪に感染もしていないので大丈夫です。

ですが嘔吐した汚物が染み込んでいる敷布団を使うことは

抵抗がありましたね。

自宅での布団の洗い方について色々と調べてみると、

「これならできそう」という印象でした。

クリーニングなら1枚3000円前後。

ですがこれは2枚や3枚セットの場合の1枚あたりの価格。

緊急事態で1枚だけすぐに洗いたい場合もあります。

1枚だけの場合はかなり高額になります。

クリーニング店への持ち込みは大変ですし、ネット通販を

利用しても、戻ってくるのに数週間はかかります。

その間、予備の布団がなければレンタルサービスもありますが

さらに費用がかかります。

確かに大きな布団を洗うことは大変ですが、

クリーニングにかかる時間や費用 > 自分で丸洗い

こう考えると、これぐらいの手間ならと思えてきたので敷布団を

丸洗いをしてみました。

それから何度か家で布団を洗うことをしています。

いくつかのポイントを踏まえてご紹介しますね。

布団を洗う方法や手順など

<準備編>

・洗えるかチェック

必ず洗濯表示タグを確認して下さい。

水洗いが×になっているものは自宅で洗うことができないので

クリーニング店にお願いということになります。

洗濯機の大きさも重要です。

ファミリーサイズの7~8キロの容量なら大体の布団を

洗うことができます。取扱説明書で確認して下さいね。

・準備しておくもの

洗剤、洗濯ネット(布団用の大型のもの)、床拭き用のタオル

洗剤:溶けやすいので液体タイプがおススメです。

  我が家ではすすぎ1回でOKタイプの洗剤を使用しています。

   
洗濯ネット:布団の生地を痛むのを防いでくれますし、なにより

  洗濯機から重い布団を取り出しやすくなります。

タオル:風呂場で布団を手洗いする場合、脱水にかけたり干すのに

  布団はかなり水分を含んでいます。床が濡れる可能性が高いので

  事前に用意しておくと良いですよ。

・天気チェック

できるだけ湿度の低く気温が高い日の晴れを選びましょう。

ですが冬場でも2日ほど干せば十分乾きます。

週間天気予報で晴れが数日間続くことを確認しておいて下さい。

<予備洗い>

スポンサーリンク

ホコリやゴミを強めのシャワーで流しておきます。

汚れがひどい場合は部分洗いを行っておきましょう。

布団の裏側にカビが生えてしまっている場合、スプレータイプの

漂白剤をスプレーしておくとキレイに落とせますよ。

本洗い前の事前準備を終えたら浴槽の3分の1程度に水を張り

洗剤を入れます。(お風呂の残り湯でもOK)

洗剤の量は浴槽のお湯の量 ÷ 3 に対する必要な洗剤の量です。

大物洗いのなので大体の量で十分です。

布団を三つ折り、または四つ折りにして浴槽に入れます。

まんべんなく水を含ませて時間があれば30分ほどつけ置きしておくと

汚れが落としやすくなります。

<いざ、本洗い>

1.足で踏み洗いを行います。全体的にまんべんなく踏みます。

  水と洗剤で滑りやすくなっているので注意して下さいね。

  汚れていると水が黒く濁り出しますよ。

2.浴槽の栓を抜いて、水を抜きながら布団を踏み続けます。

  踏むことである程度脱水をしておくとすすぎが楽になります。

3.再び水をためて布団を踏みすすぎを行います。

  すすぎ → 脱水 → すすぎ → 脱水

  すすぎ洗い1回で良い洗剤タイプでも2~3回はすすぎを

  行っておくと洗い残りの心配がなくなります。

布団を洗うところから干すところまで

布団を洗って、一番大変なのが水分を含んだ布団を運び出す

ことです。

シングルの敷布団でも想像以上の重さです。

初めて丸洗いを行った時はあまりの重さで布団を洗ったことを

後悔したほどでした。(なんとか運べたのですが)

そこで気づいたのが、布団を立てておくとかなり水が抜ける

ということです。

浴槽の端を利用したり、立てかけるように布団を立ててから

30分~1時間ほどおくとかなり水が抜けます。

浴室の換気や乾燥機能を利用するとさらに水が抜けます。

以前、子供の胃腸風邪による嘔吐で夜に布団を洗った時ですが、

布団を立てかけて浴室乾燥で一晩置いていたところ、洗濯機で

脱水した時のように水が抜けていました。

体力に自信のない方や、洗濯機の容量が小さい場合はぜひ一度

試してみて下さいね。

洗濯機の脱水ができる場合は、洗濯にかなり負担がかかるので

1~3分程度にして下さい。それでも十分に水が抜けます。

ただ濡れた布団を運ぶ際に、着ている洋服や床が濡れるので注意して

下さいね。

布団を干す時は物干し竿2本使って布団をかけます。

干している内側の風通しが良くなるので乾きやすくなります。

水分が下へ逃げてしまうので、1~2時間おきに布団を裏表

ひっくり返します。

夏場なら1日でも乾きますが、念のため2日ほど干しておくと

良いですね。

まとめ

布団を自宅で洗うことは意外と出来てしまいます。

コツを知っておくとそれほど洗うことが負担になりませんよ。

布団が汚れてしまう緊急事態が起きても、洗い方を知っておけば

慌てる心配がなくなります。ぜひ試してみて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。