スプレー缶の中身の捨て方が知りたい 出し方や廃棄方法とは

使わなくなった古いスプレー缶や、壊れて出なくなったスプレー缶。

防虫スプレーに塗料、ヘアスプレーや防水スプレー。種類は色々あるけど

どうやって中身を出せば良い?

捨てるには缶に穴を開けなければいけないことはわかっているけど、

何となく怖くて・・。

知っておけば心配いりませんよ。

スポンサーリンク

スプレー缶中身の捨て方 準備編

1.まずは確認から。

スプレー缶でも吸ってしまっても危険性のないものと、危険なものが

ありますが、大体のものは中身を捨てることができます。

ですが、購入してからあまりにも年月が経っているものや危険なのか

判断のつきにくいもの。

これらのスプレー缶はメーカーに問い合わせてみましょう。

着払いで引取りを行ってくれる場合もあります。

2.道具の準備

・大きめのビニール袋(2枚以上)

・新聞紙、ぼろ布、ティッシュなどいずれかを多めに

・手袋、めがね(ゴーグル)、マスク

スプレー缶中身の安全な出し方

1.ビニール袋を2枚重ね、新聞紙などを詰め込みます。

2.中身を出したいスプレー缶を袋の中に入れ、袋の口は軽く塞ぎます。

  ※完全には締めないで下さい。

3.新聞紙などに吸わせるようにスプレーを噴霧します。

4.スプレー缶を振ってみて、「カラカラ」「シャカシャカ」など

  音がするとカラになった合図です。

5.ビニール袋を2~3時間、そのまま放置します。

  ※ガスが残っている可能性があるため。

6.中身を分別して処分します。

※屋外や必ず火気のない場所、換気を行って下さい。

スポンサーリンク

スプレー缶の中身を出した後の廃棄方法とは

ガス抜きキャップが付いている場合はガス抜きを行います。

スプレー缶を廃棄する際に、「穴を開けておくべき」かどうか悩みますね。

ごみ収集車のガス抜きが行われていないスプレー缶による爆発事故が

多発しているからです。

「穴は開けるもの」と思い込んでいる方も多いですが、実は最近は

自治体による対応も変わってきています。

スプレー缶の穴あけによる家庭での爆発事故が多発しているからです。

ガス缶の捨て方でも、安全な手順に沿って火気のない場所でガス抜きを

行えば問題はありません。

ですが、自己流によるスプレー缶の爆発事故が後を立たないのです。

そのため市民に危険な作業を行わせないという自治体も増えています。

中身だけを出し切り、穴あけをしないで廃棄を指導しています。

穴あけをしないで廃棄する方針の自治体は増えていますが、現在では対応の

仕方は分かれているのが現状です。

お住まいの地域の捨て方は必ず確認をして下さい。

・業者に依頼する方法

引越しや転勤などで中身の入っているスプレー缶を大量に捨てなければ

ならない場合、業者に依頼する方法があります。

清掃業者やなんでも引き受けて切れる便利屋などの業者でも

中身のあるスプレー缶の引き取りサービスを行っています。

スプレー缶にもよりますが、1本数百円から引き受けてくれる業者も

ありますよ。

まとめ

スプレー缶の処分とは危険なイメージがあり、ずっとそのままだった

という方も多いです。

ですが、しっかりと知識があれば必ずしも危険なものではありませんよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。