浅草寺おみくじは凶が多い?確率が高い?内容を気にしてしまう

浅草寺でおみくじを引くと凶が出てしまった!

もともと多いので確率が高いことは有名とは聞いたことがある。

それでも、厳しい内容ばかりで気にしてしまう・・。

連続で何回も引くなんて・・。

おみくじを引いた場合の受け止め方や対処法についてご紹介しますね。

スポンサーリンク

浅草寺のおみくじは凶が多い?

世界的にも東京の観光地として有名な浅草 浅草寺(せんそうじ)。

あさくさでらではないですよ。お寺は音読みが多いですね。

多くの人が訪れて、おみくじを引く方も多いですが、凶を引く人も

多いことで有名です。

どうして浅草寺では「凶が多い」と言われるのでしょうか。

おみくじの大吉、吉、凶などの割合は、実はお寺や神社の方針で

決めているのです。

そのお寺や寺院の方針によって決めているので、大吉が多いところも

ありますし、年末年始には増やしているということもあります。

そして浅草寺の公式ホームページによりますと、

「浅草寺のおみくじは凶が多い」とよく言われますが、

古来の“おみくじ”そのままです。

とのこと。

そのため浅草寺の凶は多く感じてしまうようです。

浅草寺のおみくじは凶の確率が高い?

公式ホームページにもありますが、浅草寺のおみくじは

「観音百箋(かんのんひゃくせん)」という方式に従っています。

これは平安時代から伝わる伝統的なおみくじで、「百みくじ」とも

言われています。

筒に入った100本の竹の串の中に凶が入っているのは30本。

つまり30%の確率。こうして見ると結構な確率ですね。

凶が連続して出ることも、一緒に行った周りの人も凶を引いてしまうことも

よくあることなのです。

そのためあまり気にする必要はありませんよ。

浅草寺のおみくじで引いた凶の内容

実際に浅草寺でおみくじを引いたところ、「凶」を引き当てました。

一緒に訪れていた姪っ子も。

スポンサーリンク

「凶が出やすいことで有名」と、聞いていたのでなんだか変な感動が

あったのですが、小学生の姪っ子はがく然。

病気 → 治らない、失くした物 → 出てこない なんて

書いてあればなおさらです。

「ここは凶がよく出るところなんだよ」と言っても小さな子供には

納得できませんね。

おみくじを引いた後は、境内の木や指定場所に結びますが、

浅草寺の場合は「凶」の場合のみ結びます。

公式ホームページでも、

凶の出た人は観音さまのご加護を願い、境内の指定場所にこの観音百籤を

結んで、ご縁つなぎをしてください

と書かれています。

「凶を置いていくために、縁をつなぐために結んでいくんだよ」

というのは姪っ子にも納得できたようです。

自分自身はあまり気にしない方なのですが、小さな姪っ子はしばらく

気にしてしまっていたので、少し気になりました。

厳しい内容が書かれていた場合は、どのように過ごせば良いのか。

公式ホームページでは

また凶が出た人もおそれることなく、辛抱強さをもって誠実に過ごすことで、

吉に転じます。

やけにならず毎日を丁寧に過ごすことで良いほうへ向かう。

一種の教訓のようなものですね。

浅草寺に限らず、おみくじは吉凶よりも内容を重視すべきとも

いわれています。

「ご忠告ありがとうございます」とお礼を言って、受け止めましょう。

また、以前に別の友人は「凶」のおみくじを記念に持ち帰って

しまいました。

ですが、その後どう扱えばいいのか分からなくなってしまいました。

ゴミ箱へポイも違うような。

思い切って浅草寺へ電話で問い合わせをしたところ、

近くの神社か寺のおみくじを結びつける場所に結びつけて下さい

とのこと。

まとめ

おみくじで凶が出ると慌ててしまいますが。おみくじについて、

そして過ごし方を知るとそれほど大変なことではありません。

大切なのは受け止め方ではないでしょうか。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。