結婚式に参加する服装 男性の場合は?友人なら礼服以外でもOK?

初めて結婚式に参加する場合、服装に悩まされる男性も多いですね。

友人側のゲストとして、どんなものが好ましい?

礼服がマナーなのでしょうが、20代の男性の場合、まだそろえて

いない方も多いです。

披露宴などに何度も参加されている方の声を集めました。

スポンサーリンク

結婚式に参加する服装について~男性編~

結婚式や披露宴での服装は、立場やシチュエーションによって

異なります。

その状況に合わせた服装選びをすることが好ましいですね。

例えば新郎新婦の父親や親族などは正礼装で出席することになり、

友人など一般の招待客の場合は準礼装、略礼装が一般的です。

細かく言えば、昼に行われるか、夕方に行われるかでマナーに

違いがありますが、男性の場合は昼夜兼用できるので安心ですね。

そして地域性や招待される客層、ご結婚される方の年齢などにも

雰囲気の違いがあります。

もし事前に相談することが出来るのであれば、目上の方やご友人に

相談しておくといいですね。

最近の一般的な服装について、経験者さんの意見をまとめて

みました。

結婚式に参加するのが友人の場合は礼服以外でも大丈夫?

友人の結婚式に参加する場合は黒に近いスーツであれば略礼装として

着用することができます。

ダークスーツと言う表現もされ、リクルートスーツや派手でなければ

細いストライプの入ったものでも大丈夫です。

もし地域性や参加される方の雰囲気が分かるのであれば、

地方や地元での式であれば、黒が無難です。

マナーを気にされる方も多いからです。

そして都心部や比較的若い方の多い式なら、ダークスーツでも大丈夫です。

シャツやネクタイ、チーフなどを使ってドレッシーに仕上げて下さいね。

スポンサーリンク

そんなシャツやネクタイもどの範囲がOKなのか?

白シャツにシルバーネクタイが無難ですが、薄いカラーシャツや

細いストライプのシャツなら大丈夫です。

よほど派手すぎなければ、ネクタイの色も問題ありません。

また、チーフはなくても大丈夫です。

マナー違反というほどではありません。

もし少しドレッシーなスーツをそろえておきたいのであれば、

ディレクターズスーツがおすすめ。ワンランク上の装いになりますよ。

フォーマルシューズとしては、ストレートチップやプレーントゥが

正装向けの靴とされています。

基本的に黒の靴であれば無難ですが、ブーツ丈のもの、ローファーは

カジュアルすぎてしまうので避けたほうが良さそうです。

またおしゃれなスエード靴ですが、こちらは完全にNGです。

たとえ合皮であっても殺生をイメージし、縁起が悪いとされています。

結婚する相手が親族の場合なら礼服も必要がありますが、20代~30代の

若い方や未婚の男性で礼服を着ている方はあまり見かけませんね。

大半の方はスーツです。

結婚式のために慌てて購入しなくても大丈夫ですが、礼服は冠婚葬祭では

必要なものなのでいずれは揃えておきましょう。

まとめ

結婚式での服装選びのポイントは、しっかりとしたマナー意識を持ち

主役をどう引き立ててあげられるかです。

最近はフォーマルのイメージが変わりつつあり、周りの目を気にしなければ

大丈夫という方もいらっしゃいます。

ですが新郎新婦の友人の立場として周りの方に見られているということです。

主役は決まっているので、それを引き立てるのもお祝いのひとつですね。

マナーを押さえつつ、大人のお洒落を楽しんでみて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。