年末年始の食べすぎ防止をするには?リセットは?ダイエット法は?

クリスマスにお正月。忘年会に新年会。

ご馳走を食べる機会の多い年末年始の食べすぎが怖い!

太っちゃったとなる前に、食べ過ぎ防止の方法やリセット方法、

プチダイエット方法をチェックしておくと怖くないですよ。

スポンサーリンク

年末年始の食べすぎ防止をする簡単なポイントとは

日頃ダイエットのため、食事には気をつけていたのに、家族や友人と

集まったり、美味しいものを食べる機会の多い年末年始。

せっかくの楽しい食事までガマンするのも淋しいからつい食べてしまう。

食べ過ぎに落ち込んで、ダイエットを中断。

せっかく頑張ってきたのに、これではもったいないですね。

食べすぎ防止策を心得ておけば安心ですよ。

食べ過ぎないためのポイントは満腹感を感じること。

当然、おなかがすいていれば何か食べたくなりますね。

そこで食べ物や飲み物による満腹感を感じる方法です。

年末年始に備えて揃えておくと良いですね。

・野菜ジュース

食前に飲むことで血糖値の急激な上昇を抑える手助けになります。

水溶性食物繊維が多いので、ダイエットの大敵便秘予防としてもオススメです。

手軽で効果的な食べ順ダイエットにもなりますね。

野菜100%のものを選ぶようにしましょう。

・炭酸水

手っ取り早くおなかが膨らむので、満腹感を得ることができます。

炭酸水は胃や腸を刺激し、便秘改善にも役立つと言われています。

グレープフルーツ

グレープフルーツの成分には、脂肪を燃焼し新陳代謝を高めるのに

手助けをするものが含まれています。

そして香り自体にも、リラックスさることで血行を良くさせたり、

食欲を押さえるのにも役立ちます。

・ガムを噛む

食前にガムをかむと満腹中枢に働きかけます。

食欲を抑える働きで、摂取カロリーの制限につながります。

年末年始の食べすぎをリセットするには?

・2~3日でリセットを意識する

食べ過ぎてしまった!と感じて2~3日以内なら食事コントロールも

しやすいですね。

スポンサーリンク

食べ過ぎてしまった日の内容を覚えているうちに、思い起こして

みましょう。

例えば脂質、糖質など食べ過ぎたものを控える食事に気をつけます。

2、3日で帳尻を合わす考え方ですね。

これなら食べることへの罪悪感もストレスも軽減できますし、

更なる食べすぎの防止にもつながります。

・水分はしっかり摂る

水分を摂ることは代謝を促すためにも大切です。

排出させるためにも、いつもより多めに摂ることを意識します。

ですが糖分を多く含むものでは逆効果ですよ。

・身体を動かす

正月太りの原因は食べ過ぎることと、「動かなすぎ」と「冷えすぎ」です。

食べている量が燃焼する量を上回っていれば当然のこと。

身体を動かすことは代謝を上げますし、食前に行えば食欲を抑えることにも

つながります。

そして血行を良くし、冷えの改善にも役立ちます。

食べ過ぎたと後悔するなら、ウォーキングやゆっくりジョギングに

飛び出しましょう。

年末年始の食べすぎを解消するプチダイエット

・すぐに実行!

脂肪はついたばかりならすぐに落とせますが、時間が経つと落ちにくく

なります。

ですが無理のかかる短期集中型のダイエットはリバウンドにも

つながります。

まずは食事の見直し・軽く身体を動かす・身体を温めるから

はじめてみましょう。

・サポートアイテムの活用

年末年始や正月など一定期間に食べ過ぎてしまったものだけを

リセットする感覚でサポートアイテムを取り入れてみるのも良いですね。

サプリメントやドリンクなど様々ありますが、気になるものを

試してみてはいかがでしょうか?

気休めではないですが、デトックス感覚で取り入れてみては?

まとめ

正月太りに毎年悩まされている方もいますね。

そのおかげで年々太ってしまっている方。

ですが食べ過ぎない方法やアイテムを前もって準備しておいたり、

食べ過ぎた場合のリセットを意識すると食べすぎも怖くありません。

これからは新しい年を後悔からスタートしない年を迎えませんか?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。