成人式の髪飾りやかんざしを手作り。100均でも安っぽくしない方法

成人式の髪飾りって買うと高いのに、一度しか使わない。

手芸も好きなほうだし、いっそのことかんざしを手作りで作ってみる?

自分で作ったものなら記念になるし。

安く仕上げたいけど、100均の造花は安っぽくなる?

工夫次第で高級感ある仕上がりになりますよ。

スポンサーリンク

成人式の髪飾りやかんざしは意外と簡単に作れる?

成人式用の髪飾りは5000円~10000円と結構なお値段がする割には、

「これ!」と一目ぼれするようなものには出会わない。

それに少し大きめなので、成人式以外ではなかなか使えないですね。

実は意外と簡単に作ることができますよ。

お花も色合いも、ご自身の着物のイメージに近づけることができます。

浴衣向けですが、例えばこんな感じ。

カタログや雑誌で振袖に合う髪飾りのイメージをまずはしっかり

作っておいて下さいね。

成人式の髪飾りを手作りで。安っぽくならない方法とは

材料費をなるべく安く仕上げたくて、考え付くのは100均ですよね。

造花やリボン、パールやビーズなどの手芸用品が多くそろっています。

ですが、100均アイテムでは安っぽくならない?

という心配が残りますね。

成人式は、髪形やメイク、ネイルすべてに気合が入っている場所。

当然、それなりのお値段がする髪飾りを着けている方もいます。

髪飾りを手作りしている方も多いので、「100均もの」って事は

見る人にはわかってしまいそう。

そこで100均の造花でも安っぽくならないポイントをご紹介しますね。

・メインの花は少し良いものを選ぶ

メインに一つ大きい花を持ってくる場合は、手芸店や雑貨店で

売られているような上質なものを選ぶといいですね。

それでも数百円で購入できます。

・花びらの処理をする

花びらの布はしにほつれがあると安っぽく見えます。

・パールを足す

花に縫い付けたり、パールビーズをつなげたものをからめたり、

かんざしのように垂らすと印象が変わります。

・布を足す

「100均造花」に見えてしまうのはナイロンっぽさ。

布っぽさを足すと安っぽくなりません。

光沢のある布で花びらっぽく縫いつけたり、和風に仕上げるなら

スポンサーリンク

ちりめん布がオススメです。100均にも「ちりめん風」がありますよ。

・マニキュアを足す

花びらにマニキュアを塗って変化をつけます。

透明系→ツヤツヤ感 ラメ・パール系→ゴージャス感がアップしますよ。

布はしのほつれ防止にも役立ちます。

・アイテムを組み合わせる

リボン・ビーズ・水引の紐(お正月シーズンに売り出されます)

タッセルなどなど。

造花の花びらを折りたたんでつなげたり、ビーズでかんざし風に

垂らすのもカワイイですね。

こちらはちょっと手芸上級者向け。

・つまみ細工にチャレンジしてみる

300-300サイズ

ちりめんなど張りのある布を折りたたんで土台に貼り付けて

花の形に仕上げます。

ちりめん風布やリボンで作ってみるのも素敵ですよ。

試しに作ってみるなど、少しお時間をみておいた方が良いですね。

成人式の髪飾りの材料を100均一で選ぶポイントとは

「いかにも100均じゃないもの」を選ぶこともポイントです。

選び方についても要点をまとめますね。

・色合い

原色に近いものや色みの強いものばかり選ぶと安っぽさが目立ちます。

・色は3種類程度に抑える

・白を加えた同系色でグラデーションにする。

・ナチュラルカラーを意識する。

パッと見の印象はやっぱり色あわせ。大きなポイントです。

・とにかく探す!

100均の造花は8割近くは安っぽい、「いかにも100均」なお花です。

ですがよくよく見てみると質感も良く、100円には見えないお花も

あります。色々な100均で見比べてみるのも良いですね。

そしてホームセンターにも100円前後の造花が売られています。

意外な掘り出し物がある場合もありますよ。

まとめ

トータル1000円以下で十分素敵なものが作れます。

100均なら失敗も試作も怖くないですね。

手作りなら素敵な記念にもなりますし、インテリアとして飾っても

良いですね。

ぜひチャレンジしてみて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。