車の買い替え 転勤で寒冷地に。必要性は?準備しておく事とは

もともと雪に無縁の土地に住んでいたのに転勤先は豪雪地。

普段乗っている車を持っていくつもりだったが、買い替えも考えている。

寒冷地仕様の車の必要性とは?

豪雪地帯に暮らす人々に聞いてみました。

スポンサーリンク

車の買い替え。転勤先は寒冷地だから必要性は?

年に数回、あるいはまったく雪が降らない地域の方からすると、

雪国の車の装備が気になりますね。

寒冷仕様ではない車で冬場に運転するのは危険なのでしょうか?

そもそも寒冷地仕様とは、どうゆうもの?

装備を充実させた特別仕様車の一種です。

寒冷地で起こるトラブルを考慮した機器を装備したオプション装備です。

北海道をはじめ、寒さの厳しい豪雪地域で販売されています。

そして寒冷地仕様の主な内容ですが。

・バッテリーの大容量化

気温が低くなるとバッテリーが働きにくくなり、エンジントラブルを

起こしやすくなるのを防ぎます。

・ヒーターダクトの追加

車内の暖房循環の効率を高めます。

・デアイサーの追加

窓部分を凍結させないための熱線

・クーラントとウォッシャーの濃度調整

凍りにくくするため

このほかにも下回りのサビ止めや様々ありますが、寒さ対策などですね。

転勤などで、雪とは無縁の地方から九州から引っ越してくる場合、

どの程度の装備が必要なのか分からないですね。

スポンサーリンク

車の買い替えの転勤においての必要性は?

雪道は避けられないので、運転に自信がない場合、四輪駆動車や

もしくは前輪駆動車(FF)、寒冷地仕様車であれば安心です。

ですが予算的な問題では買い換える必要性があるか悩むところです。

実は本州仕様の車でも、備えることはできるますよ。

豪雪地帯に暮らす人たちが必要と思う準備とは。

・バッテリーチェック

容量が足りていれば標準品でも問題ないです。転勤や引越しの機会に

代えるなら大容量のものや2個積みにします。

・スノーワイパー

標準のワイパーではブレードが凍り付いてしまうので、うまく雪かきが

できません、スノーワイパーは必須です。

・サビ止め

融雪剤の塩害を受けるので下回りの錆止めを防止するためです。

ディーラーや整備工場でお願いすることができます。

・クーラントとウォッシャーの濃度アップ

などなど。

このあたりなら、自分たちでも準備ができそうですね。

また、当たり前のことですが、

冬季の間はスタッドレスタイヤとチェーンは必須です。

まとめ

寒冷地仕様の車に買い換えることは理想ですが、転勤のある可能性の方や

予算的にも簡単にはできないですね。

現在お持ちの自家用車を寒冷地仕様にすることもできますし、

備えは自分たちでも出来そうですね。

知っておけば、安心してお引越しできますね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。