成人式の振袖にファーは必要?レンタルの場合は?防寒対策は?

成人式の振袖姿で見かける白いファー。
ほとんどの人が身に着けているけど、振袖だけはおかしいもの?

振袖レンタルではファーなどの小物が含まれていない場合もあります。

防寒対策として、やはり必要なのでしょうか?

スポンサーリンク

成人式の振袖にファーがないと変?

成人式のための振袖カタログや、毎年見かけるニュースの成人式の
映像でも、白いファーを身にまとっている方は多いですね。

身に付けないとおかしいのでしょうか?

白いファーは華やかな振袖の色や柄にも合わせやすく、より華やかに
見せてくれます。

成人式が最も寒さの厳しい季節に行われるため、防寒アイテムとしての
意味もあります。

成人式のマナーとして見ても必ず身に着けなければいけないものでは
ありません。

白いファーは華やかで若々しい印象があるので、若い方、あるいは
成人式のみで身に付けるというイメージが強いです。

・多くの方が身に着けているため、みんなと同じに見えてしまう。

・せっかくの着物の柄やヘアメイクが目立たなくなってしまう。

・なんとなく安っぽく見えてしまう。

そんな疑問を感じてしまうなら、わざわざ買う必要はありませんよ。

成人式の振袖レンタルにファーが付いていない!

リーズナブルな価格設定のレンタルでは、貸し出し小物としてファーが
含まれていない場合もありますね。

振袖を譲り受けたり、貸してもらえた場合でも同様です。

寒い季節だし、振袖だけもちょっと心配。

白いファーを身につけている人が多いから、見劣りしないように
首周りを少し華やかに魅せたい。

そんな場合のファーの代用品。
実際に成人式を経験された方のアイディアのご紹介です。

・ショール

あの白いファーも「ショール」なのですが、ベルベットのショールが
オススメです。

ベージュ、朱色、黒など色のバリエーションも豊富ですし、
朱色や黒ならシックにまとまります。

スポンサーリンク

披露宴やパーティーなどのフォーマルアイテムとして今後も活用が
出来るので、経済的ですよ。

※数千円~1万円前後と、それなりのお値段がしますが、
オークションやリサイクルショップでも見つけることができます。

・大判ストール

カシミヤやレース、ファーの付いた少し豪華なものなら
華やかな着物にもあいます。

あわせ方に迷ってしまう場合は、お着物の柄や色から選ぶと
振袖と馴染みやすいですね。

着物の色の中で、2番目に多く使われている色や、
柄の中でポイントとなっている色から選んでみて下さい。

個性的な印象になりますよ。

ストールは防寒の意味合いが強いので、出来れば式の会場では
外しておいた方が良いですね。

成人式の防寒対策は?

寒い季節に行われるので、どれぐらいの防寒対策を行えば良いのか
分かり難いですね。

普段着ることのない振袖なので余計分かり難いです。

ですが会場内は暖かいですし、振袖の中は長じゅ袢や帯など
身に付けているものも多いのでそれほど心配はないです。

会場までの移動が多い場合や、式場が体育館で行う場合は
ショールやストールはあった方が良いですね。

会場内や式典中は振袖だけの状態が正装なので、本来のマナー
なのですが、式場が寒いケースも良くあります。

成人式に限ってはショールを一つのアイテムのように
身に付けたまま参加している光景も良く見かけます。

割と個性的で自由なファッションスタイルも多いですので、
身に付けていても大丈夫です。

大判のストールの場合、膝にかけておくだけでも
暖かくなりますよ。

まとめ

一生に一度しか参加することのない成人式。

わからないことも多いですが、ポイントを押さえておけば
当日不安にならないで済みます。

ご自身の納得の出来るファッションで晴れの舞台を
楽しんで下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。