餅の保存方法を冷凍以外で。常温や冷蔵庫でどれくらいもつ?

つきたてのお餅はとても痛みやすいですね。

ですがお餅は一度に大量に頂いたり、冷凍庫が他の食品がぎゅうぎゅうに
詰まっていてお餅を保存するスペースがないことありますね。

冷凍すると餅の味も落ちてしまう気がする。

カビの発生を抑え、冷凍以外の保存方法。

意外といくつかありますよ。

スポンサーリンク

餅の保存方法。冷凍以外で知りたい

冷凍以外の保存で簡単なのがやはり冷蔵保存です。

餅の保存で気をつけたいのはカビが付いてしまうことですね。

冷蔵保存でカビがつかない方法とは。

片栗粉など餅についている粉が特にカビがつきやすいので
粉をよくはたきます。

なるべく空気に触れさせないようにします。

市販の個包装されたお持ちのように真空パックにすることが
望ましいですが、ラップできっちり包むのが効果的です。

個包装されている餅のように、ひとつひとつラップに包みます。

できれば餅の表面や保存するタッパーなどの容器もキッチン用の
アルコールや度数の高いお酒で拭くことがおすすめです。

餅にカビが付きやすい理由として、カビの胞子は空気中に
たくさん存在しています。

餅が空気に触れることで、カビの胞子は餅につきます。

そして水分量が多く炭水化物の豊富な餅は、カビにとっての
生育に適しています。

個包装された市販のお餅が長持ちするのは酸素を抜いて窒素を
充填するなどの対策が施されているからです。

少しの工夫でついたお持ちでも長持ちさせることはできますよ。

餅の保存方法。常温でもできる?

年末年始など買い溜めをしている時は、冷蔵庫すら食材がたくさん
詰まっていて餅を保存できない場合もありますね。

常温でもしっかりと行えばある程度の保存は可能です。

・辛子やワサビと一緒に保存

タッパーや大きめの深皿に餅を並べて、からしやワサビ
(チューブで1~2cm分)を入れます。

スポンサーリンク

アルミカップやラップに包み、餅に付かないように気をつけます。

餅の表面や入れる器はキッチン用のアルコールで拭いておくと
効果的です。

しっかり密閉して保存します。

直射日光や暖房は避けて下さいね。

 
・カイロと一緒に保存

カイロは周りの酸素で反応して熱を発する仕組みを利用します。
酸素を取り除くことでカビにくくします。

容器の中にお餅に直接触れないように工夫し一緒に入れて密閉します。

こちらも同じくアルコールで拭いておくと効果的です。

容器内の酸素が無くなるとカイロの反応は休止します。

餅を取り出すときなど容器のフタを開けると酸素が入るのでカイロは
また反応します。

この繰り返しなのでしばらく効果が続きます。

これらの方法で常温でも少しは保存することは可能です。

ですが常温の室内の環境を保つことは難しいです。

冷蔵や冷凍と比べるとカビはつきやすいので過信せず注意して
下さいね。

餅の保存方法で冷蔵庫ならどれぐらいもつ?

空気や雑菌に触れないようにしっかりと保存されたものなら1週間程度は
持ちます。

場合によっては1~3週間でも大丈夫でしょう。

これ以上長持ちさせるにはやはり冷凍保存になります。

どうしても餅を消費しきれないのであれば、おかきはいかがでしょうか?

〈簡単おかきの作り方〉

 1.餅は薄めに切り、だいたい1.5cm四方に切る。

 2.ザルなど通気性の良い物の上に乗せて1週間ほど乾燥させる。
   ※寒風にさらすのが良いです。

 3.低い温度でじっくりと揚げる。
   ※高温ではすぐに焦げてしまいます。

まとめ

餅はとてもカビやすいですが、ひと手間加えるだけで冷蔵でも常温でも
保存することはできます。

しっかり保存させておいしいうちに頂きたいですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。