餅はカビがついても食べれる?削ると大丈夫?冷蔵庫での保管は?

餅にいつの間にかカビが生えている!
もったいないから出来れば食べたい。

昔は削って食べていたなんて言うし・・。

カビを落とせば食べても大丈夫?冷蔵庫に入れておけば良い?

知っておいたほうが良いことありますよ。

スポンサーリンク

餅はカビがついても食べれる?

気付けば餅にカビが生えていることありますよね。

特についたお持ちや鏡餅はカビが生えやすいです。

それほど経っていないのにカビが生えてしまうと、
もったいない。まだ食べれられのでは?と感じてしまいます。

おばあちゃんとか、カビを取り除いて食べていたような・・。

実際のところ、やはり食べない方が良いです。

餅に生えるカビにも数十種類あります。

毒素を発生するものとしないものがあり、青カビなら
取り除いて加熱すれば大丈夫。

などと言われ、昔は食べていた方も多いです。

ですが、最近では発がん性の可能性が指摘されているので
やはり危険です。

発がん性は目に見えて症状が現れるわけではありません。
それだけ怖いですね。

そして少量のカビなら体調を崩すほどの症状が現れないこともあり、
「今まで食べても大丈夫だった」となっているだけです。

体調次第ではお腹を壊してしまうこともあります。

目に見えての症状が出ないことが多いですが、けして身体に無害な
食べ物ではないので食べない方が良いですね。

餅のカビは削ると食べてもいい?

カビを削ったり洗ったりと取り除けば大丈夫なのでは?
と思いがちですし、実際そうされている方も多いです。

ですがカビは表面だけの問題ではありません。

スポンサーリンク

カビの菌糸は植物の根と同じです。

植物が地面に根を張るように、お餅の内部まで侵入している可能性が
高いです。

表面を取り除いても、カビを口にしているのと同じです。

食品でもチーズのカビは大丈夫なのに?と思いたくなりますが、
カビにも有害なものと無害なものがあります。

パンや餅などのでんぷん質の食品につくカビは有害なものが
多いのでやはり危険ということになります。

カビを取り除いた餅を焼いたり、揚げ餅にすれば大丈夫という
食べ方をしている方もいらっしゃいますね。

確かに見た目や匂いは軽減されるので、一見大丈夫そうに見えます。

ですが油の匂いでごまかしているだけです。
高温と言っても200度程度でカビを死滅させることはできません。

餅についたカビを発見。冷蔵庫は大丈夫?

冷蔵庫に保存しておいても、餅がカビてしまうことありますね。

餅は水分を多く含むのでついた餅など、個包装されていないものは
特にカビやすいです。

カビの発生してしまった冷蔵庫の中が心配になってしまいますね。

冷蔵庫内は密封性が高いので、他の食品にもカビが移って
しまうのでしょうか?

もともと冷蔵庫内もカビ菌は存在しています。

そのためそれほど神経質になることはありません。

他の食品がカビが生える場合と同様に、食品を冷蔵庫に長期間
入れっぱなしにしないようにしましょう。

まとめ

カビの生えた餅は食べない方が良いです。

もともとカビやすい食品なので、すぐに冷凍保存など
長期保存に切り替えた方が良さそうですよ。

つきたての餅のカビない保存方法

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。