餅の保存方法で冷凍の場合。つきたての場合は?カビない方法は?

たくさんいただいた餅の保存方法が知りたい。

やっぱり冷凍するのが良さそうですね。

つきたての餅の場合はどんな保存方法でしょうか?カビない方法は?

コツさえ知っておけば、美味しさそのままに保存できますよ。

スポンサーリンク

餅の最適は保存方法はやっぱり冷凍?

お餅はとても痛みやすく、常温や冷蔵庫ではすぐにカビが
発生してしまいます。

すぐに食べきれない場合は冷凍で保存することをおすすめします。

餅は表面が乾燥していると固くなってしまうので、保存する際は
できるだけ空気に触れさせないことです。

ひとつひとつラップに包んで、できるだけ空気が入らないように
して下さい。

空気を抜いてしっかり袋を閉じたり、ジップ付きの保存用ビニール袋を
利用しましょう。

それでも冷凍焼けは起こしてしまうので、餅に匂いが移ってしまいます。
冷凍庫での保存でも、最大2~3ヶ月が目安です。

より美味しい状態を保つために、長い期間の保存を可能にするのなら
家庭用の真空パック機械が良いですね。

数千円程度で購入することができます。
他の食材でも真空パックなら長期保存が可能になるのでおすすめですよ。

つきたての餅の保存方法と美味しく食べる方法

つきたての餅を保存するにしても、できればやわらかさをキープ
したいですね。

冷凍保存した場合は、解凍方法や食べ方をちょっと工夫するだけで
美味しくいただけますよ。

スポンサーリンク

冷凍した餅は出来ればゆっくり自然解凍することが一番おすすめです。

やわらかさを一番保つことができます。

あまり時間のない場合は、冷凍したままのお餅でもそのまま焼くことも
できますが、軽く水を振り電子レンジを利用しましょう。

短い時間で十分なので、レンジの前で様子を見ながら加熱して下さい。

また、つきたてのような少しやわらかめの餅を再現するにも
レンジが活躍します。

凍ったままのお餅を深めの耐熱容器に入れ、水またはお湯をお餅が浸る
ぐらいまで入れます。

電子レンジでお餅が膨らむまで、加熱させます。
一気に膨らんでしまうのでレンジの前で様子を見ながらにして下さいね。

餅の保存方法でカビないようにしたい

冷凍保存をするにもカビないように気をつけたいですね。

つきたての餅の場合は、特にカビやすいので注意したいです。

きっちりラップでくるんだり、出来るだけ空気を抜くことも
多少は効果がありますが、お酒やワサビなどもおすすめです。

餅の表面を焼酎などで拭くとカビはあるていどつきにくくなります。

ワサビ、からしなどを餅につかないように注意しながらビニール袋や
タッパーに一緒に入れます。

カビには効果的ですが、お酒やワサビの臭いは多少ついてしまいます。

まとめ

少しのコツを知っているだけで、餅を長期間保存することは出来ますよ。

これならお正月だけでなく、いつでも美味しい餅を楽しむことが
できますね。

ぜひ試してみて下さいね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。