寒中見舞いに喪中の場合の結婚報告のしかた。文例は?写真は?

今年は年賀状で結婚報告をと考えていたところに身内の不幸。
年賀状は控えることに。

喪中の場合の結婚報告。寒中見舞いですることになるの?

どんな内容なら失礼にならない?文例や写真についても知りたいですね。

スポンサーリンク

寒中見舞いに喪中の場合の結婚報告のしかた

喪中についての対応はすることができても、結婚報告については
悩むことが色々とありますね。

あまりお祝いムードも失礼にあたるのでは?
写真は載せてもいいもの?  などなど。

結婚報告を年賀状に兼ねる方は多いですね。
新年の挨拶には相性が良く合わせやすいです。

一方、喪中の方が出す寒中見舞いの場合、デザインも比較的
色合いを抑えたものが多いですね。

寒中見舞いとは冬の寒さの厳しい季節に、相手を気遣って出す
挨拶です。

お祝い事を全面に出した雰囲気ではなく、添え文程度の
結婚の報告であれば自然ですね。

喪中の時に、結婚報告をするのはためらってしまいますが、
結婚報告も単に幸せをアピールするだけのものではありません。

社会的な報告としても必要なことなので、まだ結婚を知らせていない
相手に対しても出来るだけ早く連絡した方が良いですね。

まずは早めに結婚報告をしておきたい方や、大々的な結婚報告を
する予定のない方は寒中見舞いに一言添えておくのがおすすめです。

スポンサーリンク

寒中見舞いに喪中の場合の結婚報告の文例や写真について

結婚式の写真を寒中見舞いに載せるのはどうでしょうか?

キレイな花嫁姿の写真はやっぱり見てほしい!ですよね。

今まで受け取ってきた幸せそうな結婚報告のハガキを出すのがずっと
憧れだったという方も多いです。

喪中の場合の寒中見舞いには華やかな写真はあまり適していません。

送る相手が会社の上司や親戚の方など年配の方やマナーを
重視している方には好ましく思わない場合が多いです。

ですが、喪中はがきと寒中見舞いはまったくの別物ですので、
写真を使用してはいけないわけではありません。

親しい間柄の方や、ウエディング写真を楽しみにして下さっている方は
喜んでいただけますよ。

送る相手に合わせて文例や内容を考慮することがマナーですね。

古い習慣を大切にする地域性や親戚付き合いなどもありますので、
ご家族としっかり相談されることをおすすめします。

もしどうしても結婚写真付きハガキを送りたいのであれば、
寒中見舞いとは別に出すのも良いですね。

まとめ

喪中と結婚報告が重なることはそう何度も体験することでもなく、
戸惑うこと、悩まされることが多いですね。

ですが送る相手を思いやる気持ちとマナーを頭に入れておけば
それほど難しいことではありませんよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。