寒中見舞いの時期はいつまで?書き方は?年賀はがきで出すのはNG?

年末バタバタしていたら年賀状を出しそびれてしまった。
大切な人から頂いた年賀状にはきちんと返事を出したい。

でもこの場合は年賀状?寒中見舞い?

そして時期はいつまで出しても大丈夫なの?

意外と知らない年賀状や寒中見舞いについて。
ですが、大切な相手には失礼のないお返事を出したいですね。

スポンサーリンク

寒中見舞いを出す時期はいつまで大丈夫?

まず年賀状を出していない相手に年賀状を出す場合ですが、
年賀状とは年始の挨拶になります。

そのため年賀状は松の内(1/1~1/7)と呼ばれる間に
出すものです。

7日までに届かないのなら、それ以降に送っても良い
「寒中見舞い」で挨拶をするのが一般的で良く知られていますね。

さまざまな事情で、年賀状の返信がさらに遅れてしまうことも
あります。

そうなると寒中見舞いを出しても大丈夫な時期とはいつでしょう?

寒中見舞いとは冬の最も寒い頃に相手の健康を気遣って書く
挨拶です。

そのため当てはまる時期は立春(2/3)や節分(2/4)辺り
までになります。

それ以上過ぎてしまうのなら、立春を過ぎてもまだまだ
寒さの残っている時期なので「余寒御見舞い」となります。

余寒御見舞いなら2月の下旬ごろまで出すことができますよ。

寒中見舞いの書き方や時期とは

寒中見舞いを書く場合、年賀状と同じような内容で良いのか
迷うところですね。

できれば出しても不自然な内容にならないように
気をつけたいものです。

スポンサーリンク

基本的に年賀状は新年の挨拶で寒中見舞いは季節の挨拶です。

そのため内容は、

 ・季節のご挨拶、相手への気遣い

 ・年賀状を頂いたお礼とお詫び

 ・簡単な近況報告

などが寒中見舞いを送る趣旨が伝わり、受け取った方にも
喜ばれる内容になりますね。

また相手が喪中なのを知らずに年賀状を送ってしまった場合などは
お詫びを一言添えると良いですね。

年賀状にも良く使われる家族写真なども少し配慮しましょう。

親しい間柄の方への葉書なら良いのですが、目上の方や
喪中の方へ送る場合は控えた方が良いです。

送る相手を考えながら作成する内容は決めるようにしましょうね。

寒中見舞いの時期に年賀はがきは使える?

寒中見舞いに使う葉書は年賀はがきで出しても良いのでしょうか?

年賀はがきにはお年玉のお楽しみがついていますし、
余ってしまった年賀はがきを利用したいところです。

こちらとしては年賀状の返信として出す旨は同じでも、
年賀状と寒中見舞いはまったくの別物です。

そのため普通のハガキで出すのがマナーです。

年賀はがきの場合、相手側に年賀状のあまりで出されてしまったと
受け取られる可能性もありますよ。

まとめ

年賀状から間が空いてしまうと出して良いものかどうか
躊躇してしまいますね。

ですが年賀状や寒中見舞いの基本的なマナーを理解していれば
スマートに返信できます。

そして年賀状ではない時期に、季節の便りが届くのは
受け取る方にも嬉しいものですよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。