年賀状に書く一言で結婚式前の場合の報告はどう書けばいい?

今年も年賀状を書く季節がやってきましたね。

ご結婚された方なら書く内容に困らないですね。

年内に入籍を済ませて、年明けに結婚式をする予定の場合。

年賀状に書く一言はどのように書いたら良いのでしょうか?
簡単な解決策が見つかりましたよ。

スポンサーリンク

年賀状の一言。結婚式がまだの場合はなんて書く?

ふたりの大切な記念日を入籍日にしたいから。
さまざまな手続きをスムーズに行うため。

結婚式の前に入籍を済ませる方が最近は多くなりました。

そこで悩まされるのが年賀状に添える一言です。

既に報告済みの親しい間柄の方や、結婚式の招待状を贈っている方には
それほど気を使うこともありませんね。

結婚式に招く予定も特になく、頻繁に連絡を取り合うほどではない
相手の場合にはなんと添えたら良いのでしょうか?

入籍しているのなら本来は「結婚しました」なのですが、
少し微妙な関係なら事後報告のようにも受け取られてしまいます。

あまり連絡を取っていなかったとしても、大切にしたい方なら
ちょっと配慮のある結婚報告をしたいものですね。

そこでおすすめなのが「この春、結婚します」など
さりげなく添えておくことです。

変わっていく生活で疎遠になってしまっている方でも、祝いたい気持ちを
持っているのなら連絡をくれたり、お祝いを贈ってくれたりするでしょう。

「お祝いを催促しているようで・・。」と気を使ってしまいたく
なりますが、すべてが終わった事後報告とは印象が違います。

スポンサーリンク

もし相手が「これってお祝いの催促?」と受け取るような方だとしても、
それはその方の問題です。

あなたの伝えたい気持ちを大切になさって下さいね。

年賀状に書く一言。普段出さないけど結婚式前に報告したい

もともと年賀状を出す習慣がなかった場合も悩まされますね。

親戚や招待状を出している方への文面なら、
「お忙しいと思いますが当日よろしくお願いします。」など書くことができます。

結婚式に招待することの出来ない友人の場合はどうしたらよいでしょう?

今まで年賀状が来ていなかったのに、突然結婚の報告?

この場合も「結婚式を挙げることになりました」のこれから行う予定の報告なら
サプライズ報告を兼ねて、受け取り方もやわらかいです。

普段出していない年賀状でも、メールやSNSだけで済ましてしまうよりは
印象が良いですね。

大切な報告なので、できれば手書きの一言で添えましょうね。

年賀状にも一言。その後の結婚報告はくどい?

結婚式を正式なお披露目と考えているのなら、結婚報告のハガキは
問題ないないでしょう。

例えば挙式が1月や2月なら少し間を空けて発送すると
良いですね。

結婚報告を出す予定なら、年賀状にはさりげなく一言添える程度に
しておきましょう。

お二人で写っている写真でも良いですが、結婚式に関係のないものを
選ぶようにしましょう。

まとめ

相手の立場やお互いの距離感があると、結婚報告は気の使うものに
なってしまいます。

ですが相手に伝いえたい気持ちと相手に対する配慮を少しだけ考えるて
おけばそれほど気にすることはありませんよ。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。