唐揚げがサクサクに復活する温め方とは?失敗しないコツも紹介!

揚げたてできたての唐揚げはとっても美味しいですよね。

時間の経ってしまった唐揚げでもサクサクに復活させる温め方なら揚げたてのように美味しく頂くことができます。

そこで唐揚げの温め方や失敗しないコツも合わせてご紹介しますね。

スポンサーリンク

唐揚げがサクサクに復活する温め方

衣をサクサクにする温め方は実はいくつかあり、どの方法も割と簡単です。

 ・トースター
 ・魚焼きグリル
 ・フライパン

温めるにも、ご自宅にトースターが置いていなかったり、目を離せる手軽な方法が良いなど様々な事情があると思います。

それぞれの方法をご紹介しますので、ぜひ活用しやすい方法を試してみて下さいね。

<トースター>

 1.アルミホイルを軽くくしゃくしゃにして広げる。

 2.アルミホイルに唐揚げをのせてトースターで3~4分温めます。

 3.途中ひっくり返すとまんべんなくサクサクに仕上がります。

<魚焼きグリル>

 大体3~4分ぐらいが目安ですが、お使いのものによって違いますので、様子をみながら加熱してみて下さい。

<フライパン>

 1.中火で片面2~3分ぐらいで両面焼く。

 2.途中唐揚げから油が出てくるので拭き取る。

 3.仕上げに強火で片面1分ぐらいで両面焼く。

★さらに美味しく仕上げるポイント!★

・軽くレンチン

大ぶりの唐揚げや完全に冷えている時は温める前に軽くレンジでチンしておきます。

キッチンペーパーなどを敷いて、ラップをかけずに1~2分チン。

ここで温めすぎるとパサつきの原因になるので、唐揚げの大きさを見ながら軽くがポイントです。

・油をカット!

温めた後にキッチンペーパーで軽く包んで優しく押すと余分な油をしっかり落とせます。

ヘルシーに頂きましょう。


スポンサーリンク

唐揚げの温め方で失敗させないコツとは

外側をサクサクにすることばかり気を取られると、加熱しすぎてしまうことがあります。

トースターや魚焼きグリルにお任せしすぎて、コゲてしまった・・なんてこともありますよね。

そこで温めの失敗しないコツも紹介しますね。

・見極めの「音」

唐揚げが温まってくると、油から「ジュー」「ジュージュー」っと音が出てきます。

その音が出始めたら、頃合いです。

・魚焼きグリルの場合

魚焼きグリルは火力が強く、さらに距離も近いので高温になるのですが表面が焦げやすいです。

中まで温まらない場合があるので、アルミホイルで上からカバーしてください。

軽くレンチンもおすすめです。

唐揚げがサクサクに復活する温め方まとめ

唐揚げがサクサクに復活する温め方についてご紹介しました。

サクサクにするには、

 ・トースター・魚焼きグリル・フライパン

などがおすすめです。そしてこれは他の揚げ物でも応用できる方法です。

ぜひ色々と試してみて下さいね。

■こちらでは「フライドチキンの温め方」を紹介しています。

フライドチキンが復活の温めなおし方。オーブン?フライパン?

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。